日記: 4月7日(2012年)

 尻が痛い。

 尾骨のあたりが炎症を起こしたように痛む。発症したのは数日前で、最初はたいした痛みじゃなかったんだけど、だんだんと痛みが強くなってきて、今ではかなり日常生活に支障をきたすようになってしまった。

 1番痛むのは、尾骨と肉とが圧迫されるような動きで、前屈をしたり、しゃがんだりといった、尾骨周辺の肉が伸びる動きをするのがつらい。当然、尾骨がダイレクトにあたるような座りかた、寝方をするなどはもってのほかで、飛び上がるほど痛い。また、そこまでダイレクトではなくても、今や歩くだけ、動くだけでも、少しでも尻の肉が動く動きなら、痛みが響いてくる。YSFEなんてとてもできない。

 相当QOLの低下を感じていて、原因くらいは知っておかないと不安で仕方がない。そこで頼みのGoogle先生で検索してみたところ、どうも仙骨滑液包炎なるものが最も症状的に近いような気がする。原理を見るに、案外救いがないというか、1度なったらどうしようもない系の疾患のような気がするけど、どうなんだろうな。

 基本的には、患部を安静に保って自然治癒なのかなぁ。病院に行ったほうがいいのかもしれないけど、病院にいって尻をみせるのかなぁ。看護婦さんいるのかなぁ。勝負パンツをはかないとダメかなぁ。

 困った困った。

日記: 4月7日(2012年)」への3件のフィードバック

  1. 葉車

    整形外科に行って、診察して貰うのが良いですよ。
    で、多分MRIとってこいって話に…。
    基本、この手のは安静が一番直るのに近道みたいですが、慢性化するとちと厄介なようです。

    返信
  2. Nez/蝿

    葉車さん:

    悪化してきたらいこうかなと、まだ悪あがき中です。
    めんどくさk・・・もとい仕事が忙しくて(嘘)。

    Soulさん:

    ないわ!

    返信

Nez/蝿 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。