日記: 6月24日(2012年)

 この日は実家~自宅間をバイクで1.5往復ほどしてしまった。

 バイクの車検が切れるので、実家近くのバイク屋まで行って、バイクを車検に出しにいこうとしたのがことの始まり。

 まずその前に実家に寄って、その後バイク屋に向かうことにした。なぜかというと、私は「バイク関係の書類入れ」という箱を実家に置いてあるんだけど、そこに車検に出すのに必要な書類が入っているので、それを回収する必要があったからだ。

 ところが実家についてみるとその箱の中には、必要な3つの書類のうち「車両税の納付書」だけしか入っていなかった。「車検証」と「自賠責の証書」が見当たらないのだ。あれー? バイクに積んでたっけなぁ、と思ってバイクの狭いシート下を見てみても、いざというときのための車検証のコピーしか入っていない。そうだよなぁ、原本を入れた覚えないもんなぁ。

 ということは・・・自宅かよぉぉぉぉ。

 ということで、かなり虚無感に襲われながらも、自宅にとって返した。そして自宅を捜索してみると、案の定自宅に車検証と自賠責の証書が鎮座ましましていた。一時は紛失の可能性すら考慮したから、見つかって多少ほっとはしたけど、ああ、なんという無駄足か。こんなことならはじめにもう少し考えてから出発するんだったよ・・・。

 もうすっかり面倒くさくなってしまって、もう車検とか来週でいいか、と思いかけたけども、この季節に雨の降っていない週末は貴重だ。このチャンスを逃すわけにはいかない。そう思い直して、再び実家方面に向かうことにした。

 今度は間違いなく、車検証と自賠責の証書をバッグに入れて、3度目になる道程を移動。都合1.5往復の末に、やっと書類を揃えてバイク屋にたどり着き、車検に出すことができた。

 言っても都内の往復なので、走った距離は片道50km、合計150kmくらいでしかない。でも、都内の150kmは、田舎で200kmツーリングするよりも疲れたわ。そして貴重な週末の時間を浪費してしまったことが悔しくてならない。

 あー、くそっ、くそっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。