TSW: 不自由な自由

 TSWを開始して1ヶ月弱。初期の熱狂も冷め、そろそろ不安や不満が見えてきた。以前、Fusangについては述べたので、それ以外の部分の雑感を述べたい。

 【自由か不自由か】

 今一番不満なのはここだ。TSWは、「好きな武器を取り、好きに遊べ」というコンセプトで、そこに魅力を感じていたんだけど、用意されていた自由度は、私の欲しかった自由度とは少し違ったものだった。

 前触れどおり、どの武器(=クラス)でも使用できる、という意味での自由度は高い。誰でもどの武器でも使えるし、途中で違う武器に乗り換える障壁も、過去のMMORPGのクラスチェンジなどと比較して、非常に容易な部類だ。ダンジョン内などでも気軽に武器を切り替えることができる。

 だけど、私が欲しかったのはこういう自由度じゃないんだよな。「私はこれを使う」と決めた特定の武器で、あらゆるシチュエーションを切り抜けられるような、そんな自由度が欲しかった。「変更」の自由度じゃなくて「こだわり」の自由度が欲しかった。

 でも、そういうのはこのゲームにはなさそうだとわかってきた。

 現状エンドコンテンツにおいては、Tankをするならこの武器、DPSをするならこの武器、という確固たる理想の組み合わせが決まってしまっている。それ以外の組み合わせは残念ながら2流以下の性能だ。

 今はまだ、私はこだわりを持てる、ぬるい難易度の世界にいる。でもいずれ挑むであろう、より高位のエンドコンテンツにおいては、そんなこだわりは持てなくなるという予感(&噂)がある。それが今から残念でならない。この予感が杞憂であることを願ってはいるものの、どうやらかなり確定的な未来のようだ。

 TSWでは役割の先に武器がある。武器の先に役割はない。

 【バグ】

 いろいろあるけど別に気にならない。

 私にとってバグって、「ゲームが面白ければ許せる」「ゲームが面白くなければ許せない」というラインのものが多くて、「ゲームが面白いのにバグのせいでつまらない」っていうのはそんなにないんだよね。少なくともこうしてリリースしていて、遊べているレベルのバグなら、ゲームが面白い限りはそこを避けて気にせず遊んでしまう。

 もちろん直して欲しいけど、その程度のものしか今のところ認識できてない感じ。

 【エンドコンテンツ】

 最後にコンテンツについて。これは想像していたことだけど、やっぱり少ない。

 ソロクエストは斬新だったとはいえ、多くを消化しつつあるし、やっぱり後半はマンネリ化する。一方でエンドコンテンツらしきものは上記のような不自由さとセットなPvE(とPvP)しかない。

 なによりも、レイドコンテンツがないとはまいった。情報収集が甘かったといえばそれまでだけど、正直、レイドコンテンツがないとは、リリース後しばらくするまで考えてもいなかった。今日日のMMORPGなら当然あるものだと思い込んでいた。

 ヌルゲーマー(?)のMMORPGの余生って、ちまちまソロやダンジョンをしながら、週1のレイドイベントを消化する、ってな感じだと思うんだけど、そういう将来を夢見れないというのは寂しい。もともとそんなにレイド好きでもないんだけど、それでも目標として高いところに置いてすらおけないというのは物足りないんだなぁ、とわかった。おかげで現在、1ヶ月スパンでの今後の目標を見据えかねている。

 まだやることはあるけど、あと1ヵ月後にやることは残っているかなぁ。「やれないこと」は確実に残っていると思うけど、「やれるけどまだやってないこと」はなくなっていそうだ。「やれない」を「やれる」にもっていくだけの根性が乏しい私にとって、これはかなりやばい状況だ。

 てこ入れはよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。