TSW: ストーリーミッション終了

 長かったストーリーミッションがついに終わってしまったようだ。

 Kingsmouthのゾンビ騒動、Egyptの狂信者騒動、そしてTransylvaniaの吸血鬼騒動を平らげ、目下の厄介ごとがすべて片付いたということらしい。また騒動が起きれば召集されるのだろうけども、まずは平和でなによりだ。それもこれもすべて私の活躍あったればこそ。かかか。

 しかしストーリーは全然把握できていなかったりする。かろうじてKingsmouth編は理解しているけど、それ以降は全然わかってないなぁ。和訳要約サイトでもあったら是非教えてください。

 剣をパクっていった女はどうなったのかとか、Orochiって結局なんなのよとか、全然わからん。伏線が回収されているのか、今後のために謎になったままなのかもわからん。そのうち東京を舞台にしたエクスパンションが出てもおかしくない雰囲気ではあるけども、そこまでこのゲームの命脈が持つのかは神のみぞ知る、だ。

 ストーリーミッションに関しては、終盤で敵が強くて進めない、という至極真っ当な理由で長いこと止まっていた。だけどその後、ダンジョンめぐりやビルド遊びをしている間に、こんな私でもいくばくかの成長は遂げていたらしく、いつの間にかその難所を普通に通れるようになっていた。我ながら多少なりとも強くなったのだな、うむうむ。

 ソロ用の装備はいまだに緑のままなので、装備的な強化は武器が少し強くなった程度。だから今回の成長の要因は、装備が良くなったというよりは、ビルドいじりの影響のほうが大きそうだ。そういう面で性能が変わるというのは、このゲームの醍醐味ですな。

 とはいっても、どうも真のソロマスターたちの言うビルドに比べると、まだまだ私はだいぶ弱そうだ。曰く「休憩なしでいける」。曰く「複数エンカウンターをまとめてやらないと効率が悪い」。曰く「HPが減らない」。うんぬんかんぬん。こんな自慢をしやがってくれる変態どもの域には、私は全然達しておらず、「15秒の休憩を挟みながら1エンカウンターずつなんとか処理できる」というレベルに留まっている。

 ソロマスターへの道は険しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。