FF14: ヒエラルキー

 個人的なFF14ヒエラルキー。完全なる主観。

 【God Tier】

  • 白魔道士: まさしく天使。いつでもどこでも大活躍。中身がおっさんだろうが腹黒かろうが、癒してくれれば文句はない。特権階級
  • ナイト: 抱かれたいジョブNo.1。守ってくれてありがとう。何度でも使えるバッシュに、無敵、フラッシュといろいろできる器用系鉄壁

 【Tier 1】

  • 学者: ヒーラーは安定してうれしい存在。白か学かといわれると白だけど、白白か白学かといわれれば白学。そのくらいのありがたさ
  • 詩人: 安定度No.1 DPS。操作が簡単なぶんケアレスミスで事故りにくい。十分なDPSに加え、足止め、沈黙、ダメージ軽減とユーティリティも豊富
  • 戦士: かわいそうなほうのタンク。ナイトを排してまで選ぶ理由はないけど、腐ってもタンク。4人用コンテンツではタンクはいてくれるだけで助かる。斧術士クラスクエストは底辺

 【Tier 2】

  • 黒魔導士: 簡単なほうのキャスターDPS。ポテンシャルでは召に劣るものの、腐りにくい。多くの人にとっては、召より黒のほうがいい結果を残しそう
  • 召喚士: ポテンシャル最強説もある召喚さん。割と簡単に学者と切りかえられる育成上のメリットも見逃せない。1粒で2度おいしい。操作難度が高いのが欠点
  • モンク: 不遇な近接DPSのマシなほう。単純にDPSだけをみれば、詩人などよりは出る。トータルで見ても詩人はともかく、竜騎士よりはマシなはずなのに、人口は竜騎士よりだいぶ少なく感じられる。格闘クラスクエストはGod Tier

 【Tier 3】

  • 竜騎士: 近接DPSのダメなほう。モンクに比べDPSを出すのがめんどくさい上に出しても弱い。さらにモンクより硬そうに見えて硬くすらない。魔法防御が全職最低。HPで劣る黒魔道士が耐えてるAoEですら死ぬ。ひどすぎる

 ・・・ってなところだ。

 うーん、こうして見てみると、詩人を下げて竜騎士を上げる、というような調整が必要なように感じられるな。そうすれば単純に、Tank/Healer Tierと、DPS Tierに二分されて万事丸くおさまる。

 Tank/Healer間の格差に関しては、たぶん戦士や学者を選ぶような層は、王道のナイトや白魔道士に比べて、「マニアックで性能は少し劣るけど、頑張ればなんとか比肩しうる」くらいの立ち位置を望んでいるだろうから、このまま放置でよろしいでしょう。

FF14: ヒエラルキー」への5件のフィードバック

  1. Chef

    竜騎士ってそんな底辺だったのか。友達にお手軽最強クラスだって教えちゃったよ。
    あんまネガネガしたくはないけど学戦に関してはID全般が、PT構成がナ白な事を大前提に作ってあるような気がしてならないな。
    例:絶対にペットが死ぬ仕様のオーラムヴェイル等
    白じゃなくて学でも○○に行けるなんてのは当たり前の話でその上で差別化して欲しい。

    返信
  2. Nez/蝿 投稿作成者

    私の体感、かつ、ワンダラーから真タイタンまでのコンテンツ、の話だけどね。
    Repとかの数字を信じる限りだと竜騎士が一番DPS出しにくいように感じる

    返信
  3. 風さん

    まだ真タコタンがクリアできねー
    FCの上位層の人らはガンガンレリック2週目、3週目いってるんだけど
    固定メンツでいってるから「君らの入る空きはないから!」的なことを言われ野良でいくしかない状況。
    戦士が最近異常に不遇。
    カストル周回ごときでアルテミス持ちの人から
    「戦士ってスタンもできないしサブ盾向いてないですよね、他のジョブないんですか?」とかいわれる始末。
    確かにCFとかで真イフいくとエラプとめれない戦士は多い気がするけども

    返信
  4. 風さん

    ちなみにもーぐり武器は旧版にいた蛮神モグの戦利品なので
    新生ではまだ入手ルートなしのはず

    返信
  5. Nez/蝿 投稿作成者

    泣いてしまいそうな状況だね!

    でもFC内に半固定、完全固定ができるというのは
    人間の行動原理上、もう仕方ない気がするね。
    どこのFCでもたぶん良くつるんでるメンツってのは
    ある程度固まってるんじゃなかろうか。
    私は性格的になのか大体固まらない側になるので、
    そのへんでハブられるのはもうあきらめて気にしないようにしている!

    戦士は、個人的には能力より、
    レリックが地味な気がするのが残念。

    モーグリの件は把握した!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。