FF14: DPSを研究してみる

 昨日、少しFC内で「装備を整える方針や如何に?」「意思力か?クリティカルか?スキスピか?」というような話が挙がった。

 そこで今回は、そんなことを少しつっこんで考えてみたい。

 DPSを考えるにあたっては、よさげな分析サイトがあったので、それを紹介しながら考えてみようとおもう。なお紹介するサイトも、所詮ユーザーレベルの分析値だと思われるので、このサイトの数値をどこまで信用するのかどうかは、自己責任で判断してくださいませ。

 ってことで、紹介するサイトは以下だ。

 B.L.I.T.Z.B.A.L.L.

 このサイトの「CALCULATORS」の「Physical Damage Calculator」や「Physical Damage Returns」を使って、装備の更新について、つらつらと考えてみよう。

 まず私の現在のDPSに関連するステータスを見てみよう。装備は上掲の写真の通り、レリック+1にフルDL、一部神話、一部アラガン、一部新式、という状態で、ステータスは以下のようになっている。

  • STR 452
  • クリティカル発動力 412
  • 意思力 288
  • スキルスピード403

 また装備している「ゲイボルク+1」のステータスは以下の通り。

  • 物理基本性能 46
  • 物理オートアタック 47.84

 これらの数値を、まずは「Physical Damage Calculator」に入力して計算すると、算出結果はざっくりと以下のようになった。

  • 威力100のウェポンスキルのDPS(クリティカル含む): 57.63
  • オートアタックのDPS(クリティカル含む): 48.71

 なるほど。この値が高いのか低いのかはよくわからないけども、これをベースに考えていけばいいわけだ。

 では次に、今後装備を選択する場合に、どの数値を上げればいいのか、というようなことを、「Physical Damage Returns」で見ていこう。「Physical Damage Returns」は、ステータスを変更した場合のDPSの変動量を表示してくれるシステムなのだと思う。

 Current列とNew列両方に、とりあえず現在のステータスをぶち込み、計算する。当然、新旧同じ値なので、変動量はゼロだ。

 ここから、装備やマテリアを変更すると、どのようなDPSの変動が見られるかを、いくつか検討してみたい。

 【パターン1: 武略のマテリダ2つにした場合】

 現在装備しているヒッポグリフリングには、武略のマテリダ(クリティカル発動力+6)と雄略のマテリダ(意思力+4)が、1つずつはまっている。これを、武略のマテリダ2つに変更した場合を考えてみよう。

 雄略のマテリダを1つ外して、武略のマテリダを1つはめることになるので(実際は全部外してから付け直しだけども)、ステータスはクリティカル発動力が6増え、意思力が4下がる、ということになる。New Crit RateとNew DTRの値をそのように変更して計算してみると、以下のような結果になった。

  • 威力100のウェポンスキルのDPSの変動量: +0.09%
  • オートアタックのDPSの変動量: -0.09%

 ウェポンスキルのDPSは上がるが、オートアタックのDPSは下がり、トータル的にはほとんど変わらない、という結果のようだ。実際に与えるダメージの比率としてはウェポンスキルのほうが大きいので、若干改善される、というくらいか。

 【パターン2: 頑張って4禁断した場合】

 現状のヒッポグリフリング(武略と雄略のマテリダ1つずつ)に、さらに武略と雄略のマテリダを1つずつ追加でつけたとしよう。この場合ステータスの変動量は、クリティカル発動力+6、意思力+4になる。そのようにして計算すると以下だ。

  • 威力100のウェポンスキルのDPSの変動量: +0.30%
  • オートアタックのDPSの変動量: +0.49%

 強くなっているような、なっていないような。微妙な数値だ。

 あわせて+0.79%の向上。10000ダメージが、10079ダメージになるわけか。それに費やすお金、十数万~数十万ギル。本気でミリ単位の向上を求める時に、はじめて考えればよさそうな改善案だな、これは。

 【パターン3: 足装備を神話にした場合】

 現在、足にはダークライトソルレットを装備している。これを神話で交換できる靴であるウィルムグリーブに変更した場合を考えてみよう。

 ダークライトソルレットは、STR +12、VIT +14、命中力 +11、意思力 +11。ウィルムグリーブは、STR +18、VIT +20、命中力 +15、スキルスピード +21だ。DPS計算に関係する箇所の差は、STR +6、スキルスピード +21、意思力 -11、となる。

 その結果は以下だ。

  • 威力100のウェポンスキルのDPSの変動量: +1.66%
  • オートアタックのDPSの変動量: +0.28%

 あわせて1.94%の向上。このくらいになると、目に見えて効果が出そうだ。

 STRが向上するにもかかわらず、意思力が付いてないために、オートアタックの増加量をかなり抑えることになってしまっている。でも逆にSTR、スキルスピードが大きく向上したことで、ウェポンスキルの威力は格段に向上している。

 この結果は、意思力が大きく下がっているにもかかわらず、STRのおかげでオートアタック(スキルスピードがまったく寄与しない)も減少していない、つまりSTRの重要性がわかる、と解すべきか。

 【パターン4: 胴体の神話とアラガンの比較】

 最後に皮算用の比較をしてみよう。将来手に入れるかもしれない2つの胴体鎧を比較したい。

 1つは、格好良いが入手に莫大な神話が必要になるウィルムメイル。もう1つは、「運がよければ」そのうちロハで手に入るけど格好悪いアラガンスレイヤーキュイラスだ。

 ウィルムメイルは、STR +29、VIT +33、クリティカル発動力+24、意思力+24。アラガンスレイヤーキュイラスは、STR +29、VIT +33、意思力+17、スキルスピード+34。そして現在装備しているダークライトキュイラスは、STR +20、VIT +22、意思力+18、スキルスピード+19。となっている。では計算してみよう。

 ウィルムメイルを装備した場合(STR +9、Crit +24、DTR +6、SS -19)。

  • 威力100のウェポンスキルのDPSの変動量: +1.87%
  • オートアタックのDPSの変動量: +2.84%

 アラガンスレイヤーキュイラスを装備した場合(STR +9、DTR -1、SS +15)。

  • 威力100のウェポンスキルのDPSの変動量: +2.24%
  • オートアタックのDPSの変動量: +1.53%

 ウィルムメイルは合わせて4.71%、アラガンスレイヤーキュイラスは3.77%の向上か。こうしてみると、ウィルムメイルのほうが強い感じかな。総ダメージ量に対する、ウェポンスキルとオートアタックの比率によって、評価は変わるかもしれないけどね。

 ざっくりと傾向をみるに、STRの影響が大きいのはもちろんのこととして、意思力はオートアタックに、スキルスピードはウェポンスキルに、クリティカルはその両方に、大きく影響を与えているような感じなのかな。

 ってことで、こんなサイトを観ながら、ちまちまと構想を練るのも楽しいかも、というお話しでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。