日記: 11月28日(2013年)

 冬は大してバイクに乗りもしないくせに、冬になるとバイクを見据えた防寒対策を考えてしまう、根っからの形だけ野郎、蝿です。こんにちは。

 ってことで今回は、冬に備えて防寒性能の高いズボン、今風にいうとパンツを2つ買ってみた。

 1つは、いま倒産危機で話題のEDWINのWILDFIRE

 もう1つは、ユニクロのウォームイージーパンツだ。

 まずはWILDFIRE。今回はバイクユースを視野に入れていたので、動きのよさそうなスーパーストレッチを購入。ジーンズ風のコットンパンツのようなものだ。

 はいてみると裏地が起毛なので、ジーンズにありがちなはいた瞬間の冷たさが、まったくないことがわかる。デザインは割と細身で、ストレッチする素材が肌に吸いついてくるような、スキニーな感覚があった。裏地が起毛のジーンズだから、もっと見た目がゴワゴワになるかと思ったんだけども、そのおかげで外観は普通のコットンパンツと遜色がないんじゃないかな。うむ、悪くないぞ。

 そしてちょうど今朝、これをはいて出かけてみたんだけども、確かに風を通さなかった。はっきりと普通のジーンズよりも温かい。普通のジーンズ+ヒートテックタイツ、に近いレベルだ。割とハイウェストなので、タックインすると小学生になってしまうんだけども、その点を除けば、ラインも悪くない。これは気に行った。

 続いてウォームイージーパンツ。これはジャージの類ですな。表地がシャリシャリの化繊で、裏地がユニクロお得意のフリース。フリースで作ったズボンを、上からビニール袋で包んだ、というような感じのものだ。

 なので、当然かなり温かい。はいた瞬間にもう温まり始めるレベルだ。ただし、当然格好良くはない。外見は完全にジャージ。冬場の使用なのでトップスにコートでも着れば、かなりごまかせるだろうけど、おのずと使用シーンに限界はありそうだ。シャリシャリの表地なので、バイク使用を考えると、座面が滑りそうなのも気にかかる。

 いい点はやっぱり値段。WILDFIREが9000円前後なのに対して、ウォームイージーパンツは現在期間限定で1400円ちょい。コスパ最強。

 ってなわけで、手に入った2本のズボン。冬場にオーバーパンツをはくのはかなり面倒くさいから、これら+ヒートテックタイツくらいの軽装で、なんとか年明けあたりまではしのげればいいなぁ、と期待しているよ。

日記: 11月28日(2013年)」への2件のフィードバック

  1. Feyrong

    もう革パン(レザーパンツ)を絶賛お勧め。

    全然風が入らないし、下半身が寒いと思った事ないっす(笑)

    返信
  2. Nez/蝿 投稿作成者

    レザーパンツは吟味の末「なし」となっています。

    レザーパンツの防寒性能で耐えられるのは鉄人だけです!
    基本は保温のための空気の層の外側に防風の層がないと寒いゆえに、
    革パン1枚じゃ死ぬほど寒いというのが定説!
    そして重ね着するにはレザーの素材は重く硬い。
    防風するならもっと薄い素材があり、
    防寒するならもっと軽い素材がある。
    ゆえに、レザー製品は性能ではなく見た目、
    雰囲気アイテムであり、いわばコスプレ。
    バイクバイクした姿を好んでチョイスはしない私にとっては「なし」。
    であります!

    …あとはフルカウルだとそもそも足に当たる風の量が少ないのかも。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。