FF14: 真アルテマウェポン

 パッチ2.1リリース後初の週末、かつ、3連休ということで、いろいろな新しい大型コンテンツをこなした。

 まずは、真アルテマウェポンだ。

 リリース以前に発表された新コンテンツの中でも、真アルテマウェポンは「どういうストーリー展開で導入するんだろう」という部分で非常に楽しみにしていた。なにしろ、メインストーリー的には、すでに破壊し終えているはずのパッチ2.0におけるラスボスが、なぜか強力になって復活してくるわけだからね。蛮神などと違って、設定的にもそう簡単に蘇りそうにはなかったし、一体どんなロジックを持ち出して復活させてくるのか、興味しんしんだった。

 ・・・のだけど。おいおいおい、そんな強引な! というオチだった。ちょっとガックシだ。ま、いいけどさ。

 で、挑戦してみた真アルテマ。要素としては、「MTスイッチ」「AoE避けゲー」「頭割り特攻」ってところかな。特に最後の「頭割り特攻」が野良殺しだと感じたね。

 「MTスイッチ」に関しては、タンクで挑戦していないのでよくわからない。たぶん、スイッチ自体はそんなに難しくはないんじゃないかな。ただ真アルテマウェポンに関しては、「頭割り特攻」の要素でちょっと混乱を生む元になっているというのが、バハムート2層などとは異なるところだ。

 「AoE避けゲー」はいつも通り。イフリートモードの突撃が一番事故りやすいかな。視覚的に安全かどうかが分かりにくい。ビットからのレーザーは、シーンとしては派手だけど、回避猶予は割とあるからそんなに事故らないイメージだった。

 そして「頭割り特攻」。息を合わせて、一定以上の人数で、一定時間内に、爆弾に突っ込んでダメージを食らう、というギミック。VCがあれば楽だけど、野良でいくなら「きっとみんなこのタイミングで突撃するはずだ」と信じて、空気を読んで動くしかない。息が合わなかったら溶ける。むずい。

 また、「頭割り特攻」では硬いSTに音頭を取らせてしまいがちなんだけども、「MTスイッチ」要素のとの兼ね合いで、じゃあ突っ込むSTは誰なのか、ということを事前には決めにくい。2人のタンクのうちのどちらになるのかはタイミング次第なのだ。その辺も混乱を生む元になっている。

 多分、死にパターンの80%は「頭割り特攻」の失敗。20%は「イフリートの突撃を食らう」というようなコンテンツだと思う。難しくはないけど、不慣れなうちは事故る、コンビネーションが悪いと事故る、っていうものだね。

 私は初撃破時に、運よくDPS用STRチョーカーを手に入れてしまったので、もう挑むこともないかもしれないけど、バラエティに富んだ展開があって、面白い、良コンテンツだったよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。