TESO: VR3→4

 飛び石連休を経てVR4になった。VR3になったことは報告すらしていなかったよ。

 VR2以降も、2勢力目のAldmeri DominionのエリアのGrahtwood(Tier 2)、Greenshade(Tier 3)と移動しながら、クエストをひたすら消化してVR上げに励んだ。ほぼずーっとソロで、特別なことはなにもなかった感じ。個人的には、このゲームのクエストは良くできていると感じられるので、そんなに苦痛でもないかな。むしろ中毒性があって時間がすぐ過ぎてしまう。止め時がなくて困るくらい。

 そんなPvEでのVR上げをしていて、厳しいなと感じるのは、やっぱり難易度だ。
 
 ソロで勝つのが難しいような局面に立たされた時に、VR以前だったら極端な話、「レベルを10上げてから余裕の再挑戦」という選択肢もあったわけなんだけども、VR以降となると、成長による性能の上昇を、そう大きくは見込めないので、その時点での戦力(スキル)で、なんとか創意工夫をして(ビルドを考えて)乗り切らなければいけない。

 でも実際問題、全員が全員、そこまでビルドに柔軟性を持たせているわけでもないので、育て方によっては相当厳しい局面もありえる。要するにゲームの構造上、少ないながらも「詰む」可能性があるデザインになっているのだ。

 私はまだなんとか詰んではいないものの、それに近い状態になったことは、すでに何度かあった。VR2の時にも書いたけど、とにかく「出血しないヤツ」がきつすぎて、困っている。他の人が来るのを待って、コバンザメに徹してクリア、とかいうセコイことをしてクリアすることも多々、というような状態だ。今後、他の人が入れないインスタンスで行われるクエストに、「出血しない強敵」がでてきたら、いつ詰んでもおかしくないと感じている。

 ってことで、そろそろPvEを無難にこなせるビルドも研究したほうがいいのかな、とか思ったり思わなかったりしているところ。なにしろまだハードモードの2勢力目ですらこの始末。これではベリーハードモードになると思われる、3勢力目のゾーンでの活動が思いやられるよ。トホホ。

 今現在の構想としては、とりあえず絶賛育成中のOne Hand and Shieldをランク50にして、全ロールを中途半端にカバーできるという自己満足に浸ろうと思っているんだけども、事ここに至っては、それどころではないかもしれない。今のところ1H&SはPvEに全然寄与していないし、この先PvPで使う予定もないから、本当に自己満足以外の意味がなさ過ぎる。他にPvEで強い武器があれば、ランク50を待たずに乗り換えて、楽チンPvEビルドを模索するのが正解なのかもしれないなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。