日記: 7月6日(2014年)

 この引越しを期に、新兵器を導入した。それこそが、

 ルンバ870

 である! ドドドドドドド。

 ずぼらなおっさん一人暮らしの最終兵器ルンバ。ついに買ってしまったよ、うえっへっへ。

 これで日々の暮らしが綺麗になるに違いない。じつはこのために今回の引越しでは、ルンバフリーな家具配置(ルンバがコードなどに引っかからない。床にものを置かない)を考えもしてあるのだ。抜かりはないはずだ。

 しかし、引越し当日に届いたルンバは、思った以上にでかかった。Xbox360よりもでかい。それが床を這い回る姿は、なかなかに威圧感があろう。起動前から、ルンバの迫力に気圧されかける。ぬ、抜かりはなかったはずなのに、く、悔しい。

 しかし、気圧されてばかりもいられない。ざーっと説明書を読み、いざ起動だ。

 「ルンバいきまーす」。

 ホームベースから颯爽と発進したルンバは、猛然と掃除を開始した。その姿はなんというか、かわいい。気圧されるどころか、なごまされる。かつて一世を風靡したアイボのような、ペット感すら感じられる。目新しいこともあって、ただその挙動を眺めているだけでも、いい暇つぶしになる。飽きない。

 しかしそうやって見ていると、想像以上にカオスな挙動をするものだな、とも感じた。ルンバの取るコースが自由すぎるのだ。縦、横、斜め、縦横無尽な軌道を描いて動き回る。人間が掃除をする場合、普通、部屋の壁面に対して平行、または垂直に、規則正しく掃除機を動かすと思うんだけども、ルンバはそういう常識とは無縁のようだ。障害物にぶつかる度に、テキトーな角度に方向変換をしていく。例えて言うなら、ブロック崩しの弾のような動きだ。

 こんな動きで本当に部屋をくまなく掃除できるのか不安になるけど、まぁ、なんども乱反射し続ければ概ねカバーできるのだろう。そう信じよう。

 そんなこんなで動かして見たルンバ。早速その戦果を確認すべく、ダストボックスをあけてみると、どさっと大量のわたぼこりが溜まっていた。引越し当日だけあって、かなりのゴミが散らばっていたと思うんだけども、それをちゃんルンバがとかき集めていた事を確認できた。いいぞいいぞ。

 ってなわけで、まずまずの滑り出しを見せたルンバ君。今後の活躍にも期待しよう。

日記: 7月6日(2014年)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 日記: 7月4日(2018年) | Fly!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。