英国’14: 5.グロスター大聖堂

 グロスター大聖堂を観るために、グロスターに向かった。

 ここでも例によって、街で駐車場を探す、というミッションが必要になったんだけども、ここの駐車場に関しては事前に情報を得ていたので、調べてあったとおりの場所に、問題なく駐車することができた。こうもスムーズに駐車できたのは、今回の旅行では初めてかもしれない。

 グロスター大聖堂はウィキペディアによれば「ロマネスク様式、初期イングランド・ゴシック様式の混合である。建物の最長約130m、幅44m、美しい15世紀の中央塔は高さ69mある。塔の頂上には4つの優雅な小尖塔があり、ランドマークとなっている」というような建築物らしい。

 でも実は大聖堂そのものにはあんまり興味はなかった。では、なぜ訪れたのか、っていうと、回廊に興味があったからだ。映画「ハリー・ポッター」でも撮影に使用されたらしいグロスター大聖堂の回廊は、写真や映像で見る限りでは、今までに観た事がないような生物的でおどろおどろしい装飾に見えて、是非実際にその中に入ってみたかった。

 ってことで実際にその中に立ってみたんだけども、うーん、いまいち?

 いや、決して悪くはなかったよ。独特の雰囲気があって、実に興味深くはあった。でも、ちょっと想像を過剰に膨らませすぎていたせいか、「思っていたより普通だな」というような印象になってしまった。

 装飾過多で閉鎖的な回廊になっているせいか、全体に圧迫感があり、装飾がうるさくて、薄暗くて、息苦しい。本来ならそこに神秘性を感じるべきなんだろうけど、自分の好みに合わない。同じ回廊なら、明るく開放的だったソールズベリー大聖堂のほうが好きだ。

 ま、でも、そういった小さな不満点を含めても、大聖堂としての格調は高かった。立派な建築物だったし、内部のステンドグラスや礼拝堂など、設備がいちいち重厚だった。ただ、惜しむらくは、本当に好みの問題で引っかかってしまった。

 ちなみにこの大聖堂は、入場は無料。ただし写真を撮るなら3ポンド。というような料金体系だった。払わなくてもこっそり撮れそうだったけど、正直者日本人として、しっかり3ポンド貢いでおいたよ。

駐車場から大聖堂を望む

グロスター大聖堂

大聖堂内のなんだろう

回廊

中庭から仰ぎ見た鐘楼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。