FF14: 9個目!

 通算9個目のレリック、忍者の「吉光」を手に入れた。

 なお8個目の報告をし忘れていることに、この更新で気がついたんだけども、1ヶ月前くらいかな、そのあたりで白魔道士のレリック「タイラス」も入手した。報告していなかったのは、ヒーラーのレリックなんぞどうでもよかったんだろうな、きっと。

 今回の吉光取得に際しては、また、おなじみの真蛮神めぐりをしたんだけども、レリックがまだ最強武器だった往時に比べて、あまりにも戦闘環境が違っていて、そこで一抹の寂しさすら覚えてしまったよ。

 もうとにかくDPSが違う。戦闘があっという間に終わる。そして硬い。避けなくても死なない。

 特に戦術が違っていたのは真ガルーダだった。どうも真ガルーダは、ネクサスの輝き集めのための周回コースに組み込まれているらしく、ハイエンド冒険者によるゴリ押し高速討滅が横行しているようなのだ。

 例えば、ガルーダが消える→石柱に隠れる→現れたガルーダの大ダメージ攻撃をやり過ごす、というおなじみの動きを、いまや誰もしない。みんなその間も殴り続けてDPS向上を狙い、大ダメージ攻撃はそよ風のごとく無視して耐え抜いている。そんなことを知らない私は、ただ一人昔どおりに石柱に隠れに走り、他の人の「こいつなに隠れてんの?バカなの?死ぬの?」という視線に全身を刺し貫かれてしまった(被害妄想)。

 とはいえ、そんな高速周回の世の中なので、レリック入手の難易度自体は、往時に比べて格段に低かった。どちらかというとCF待ちの時間が長いことだけが難易度を上げていて、そこはモンハン併用による時間つぶしで乗り切ったかたちだ。

 さて残るは学者のマダレムジエンだけなんだけども、これはきっと永久に取らないだろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。