チャリ通: チェーン清掃

 走行距離が1,000kmを超えたということで、チェーン清掃を実施してみた。

 洗い方は、ひたすらブラシで磨く、とか、チェーンを外して灯油に浸してじゃぶじゃぶやる、とかいろいろあるようなんだけども、私は写真のようなメカに頼ってみることにした(写真がピンボケなのが残念)。

 このメカは、内部にブラシと洗剤とが入っているトンネル状の構造になっていて、そのトンネルの中にチェーンを走らせることで洗う、という仕組みになっている。イメージ的には、自動車の洗車マシーンのようなものだ。ああいう感じで、前後左右から洗剤のついたブラシにチェーンを包み込ませて洗う。違いはメカのほうではなくて、チェーンのほうを動かすということくらい。

 自転車をスタンドに立て、メカでチェーンをはさみ、その場で保持して、ペダルを手でぐるぐる回す。するとメカの中をチェーンが駆け抜けていって、メカを通り抜けたチェーンは綺麗になって出てくる。なかなかよくできている。

 結果としては、まぁまぁ綺麗になったかな。実は1,000km走ったとはいえ、そんなにチェーンが汚れてもいなかったので、施工前後で目を見張るほどの輝きの差が生まれたかというと、そうでもなかった。でも、メカの中の洗剤は真っ黒になっていたし、ある程度以上には綺麗になったはずだから、これでよしとしよう。

 洗浄後は、チェーンルブをチマチマと刺しておいてフィニッシュとした。これでまた次の1,000kmに向けて、爽やかに乗れることだろう。うむうむ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。