日記: 11月14日(2015年)

 TVCMをみておいしそうだったので、左の写真のような商品を買ってみた。

 「Cook Do®おかずごはん」アジアン鶏飯用

 タイでいうところのカオマンガイ。シンガポールでいうところのチキンライス。・・・といったものを作るための、炊き込みご飯の素、というような商品だ。

 カオマンガイは近所のタイ料理店で食べて以来、好物となった料理なので、その美味さを家庭で再現できるのか!?というような興味で買ってみた次第だ。

 中身はレトルトパウチされた調味液だけで、それを米と水と鶏肉と一緒に炊飯器の中に入れて、あとは炊くだけという簡単仕様だった。これでカオマンガイの味になるのなら儲けもんではあるが、そうそううまい話もなかろうな、と半信半疑で作ってみた。

 で、食べてみた感想は・・・。

 割と、美味い。ただ、これがカオマンガイかというと、決してそうではない。というのが正直な感想だ。

 普通のうるち米でつくったから仕方がないとはいえ、長粒米で作るタイ料理店の本物に比べると、水分が多すぎてベチョベチョしていた。食感が日本の炊き込みご飯のそれだ。もう少しパラパラしているほうが美味しかったと思う。

 そして何よりも、本物のカオマンガイの強烈なまでのチキン味が、全くしていないのが問題だった。手抜き料理だから仕方がないんだけども、やっぱりカオマンガイの良さは、米一粒一粒に潜む、鶏の旨みにこそある。そういう奥深さが、この商品と調理法には残念ながら足りなかった。

 とはいえ、じゃぁ不味いかというと、決してそんなことはなかった。鶏炊き込みご飯カオマンガイ風、と割り切れば、なかなかに美味しいものだった。特に鶏肉は美味しく柔らかく仕上がっていて、変に生臭くなることもなかった。手軽なメニューとして、覚えておいても損はなさそうだ。

 あと、もう1つだけ問題を挙げるとすれば、量かなぁ。規定量は、米2合に、鶏肉400g。1人で食べきるには、少々キツイ量だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。