OW: ライバルマッチはじまった

 「ライバルマッチ」という名の、いわゆるランクマッチがオープンした。

 ということで早速、VC仲間のみなさんは徒党を組んでライバルマッチに乗り込んで行ったようなんだけども、私はとりあえず様子見をしてしまった。

 即座に参戦しなかった理由は、と問われれば、その場ではただ直感的に、「今はやらないほうが良いような気がした」というようなニュアンスで後ろを向いてしまった。

 そのときの直感を今落ち着いて分析すれば、たぶん一番の理由は、「仕様が好きじゃない」ってところにあるんだろう。

 OWのライバルマッチの仕様を見ていると、どうしても今期のLoLの愚策を連想してしまう。「ソロ又は完全チームのみ」という制限のあったランクマッチを、ユーザーの大反対を押しきってまで「人数不問で自由にプリメイド可能」という仕様に変更して、まんまとランクマッチの純粋性を崩壊させ、ユーザー離れを引き起こしたのが、今シーズンのLoLのランクマッチだった。そんな悪しき前例をまざまざと見てしまったがために、それと全く同じ仕様になっているOWのライバルマッチには、よくない先入観を持ってしまった。

 それでちょっと警戒しているのだ。

 ひょっとすると不貞腐れているのだ。

 仕様など気にせず気楽にやればいい、というのも一理ある。けど、気楽にやるならクイックマッチでいいよな、とも今は思ってしまう。

 ってことで、とりあえず初日は様子見勢だった私。こんなことを言いながら、あっさりと数日後にはライバルマッチに参戦するかもしれないけど、初日の私のマインドはこういう具合だったのでしたとさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。