日記: 11月24日(2016年)

 破壊スキル100達成!

 はい、ってことでね。一人ちまちま遊んでいるスカイリム日記ですよ。

 純魔法使いを志して遊び始めたスカイリムスペシャルエディション。刑場脱出から、ホワイトランを経て、魔法大学を制覇し、吸血鬼の城を少し見物したあと、戦士ギルドでも至高の地位に上り詰めようか、というところで破壊スキルが100に到達した。

 スカイリムはかれこれ10回くらいリスタートしているけど、魔法スキルが100に到達したのは、これがはじめてかもしれない。めでたい。

 ここまで意図的に上げたスキルは破壊のみ。勝手に隠密、軽装、回復、開錠、会話あたりがあがっているけど、基本的には破壊だけでレベルが上がってきた。レベルは25くらいだったと思う。

 そういう進め方でいくと、難しいと思っていた魔法使いプレイも、案外簡単だったな。

 きつかったのは序盤。レベルでいうと1桁のころかな。近距離スプレースキルしかない時代がきつかった。威力はともかく、射程がなさすぎた。

 でもその後、遠距離投射系の攻撃スキルが整うと、遠くからバスバス打つだけのゲームに一転。ほとんどのシーンを気楽な砲撃ゲームとしてこなしていくことができた。

 厳しかったのは、相手の魔法使いかな。魔法の盾を展開してくるので、こちらの魔法が通らない。しかも反則的な持続力。魔法の盾に干渉しない(しにくい?)罠魔法でちまちまと削って倒すしかなかった。

 スキル上げに関しては、スキル上げのための行動はほとんどとらずに、普通に破壊魔法だけでクエストをこなしていったら100になったという感じだったので、これといったTipsはない感じ(Tipsをいまさら述べるのも恥ずかしい一時代前のゲームだし)。
 
 でも強いて言えば、マジカに余裕が出てからは罠魔法を多用するようにした、ということはあった。理由はわからないけど、罠魔法のスキル上昇率がかなり高くて、敵の一団に罠魔法をバスバス打ち込むと、ぐんぐんスキルが伸びていった。

 ってなわけで、とりあえず目標だった純魔法使いプレイ編は、満足のいく終了を迎えてしまった。ここから先は、突然鎧を着込んで魔法戦士編に突入・・・かな。

 次回、第4話「先生、体力が100しかありません」でボクと握手!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。