日記: 11月25日(2016年)

 普段私は主力の普段使いの靴とを、2足体制で運用している。

 1つは普通の軽めのスニーカー。春夏シーズン用で、軽く、やわらかいもの。下記の秋冬用では大げさすぎて恥ずかしい場所、時期にはくためのものだ。一般的にスニーカーといって想像される範疇のもので、今現在はパトリックのアイリスが主力になっている。

 1つは重めのアウトドアシューズ。秋冬シーズン用で、生地が厚めで、ソールが硬めのもの。寒い時期のみならず、軽いアウトドアや、雨天時、そして何よりも長期旅行時に使いやすい、ということを重視したポジションになっている。

 このうちの後者を、先日買い換えた。

 買い換え前のこのポジションの主力は、ティンバーランドのEarthkeeperシリーズのGORE-TEXローカットシューズだった。無難な見た目とGORE-TEXの防水性能とで、長いこと主力を張ってくれていた傑作(蝿評)だ。

 不満点はほとんどなくて、どんなシチュエーションでもそれなりに使える優れた靴だった。だいぶくたびれてしまったので、更新は苦渋の選択だったんだけども、はっきりいって、次もこの靴でいいとさえ思っていた。

 が、悲しいことに、今回の買い換えにあわせて調査してみたところ、この靴はもう販売されていないという事実に行き当たってしまった。Earthkeeperシリーズは存続しているものの、肝心のGORE-TEXのラインがない。この私の秋冬ポジションには、GORE-TEXは必須だと思っているので、GORE-TEXがないのでは意味がない。

 それで結局、今回はカメレオン5のローカット(黒)を買うことにした。Earthkeeperの先代はカメレオン3だったので、1世代ぶりのカメレオンということになる。うーん、GORE-TEXでシューズとなると、無難なメレルに落ち着きがちだな。他のメーカーも、もう少し選択肢を出してほしいものだ。

 カメレオン3には、良い思い出と悪い思い出とがある。

 悪い思い出は、1つだけだ。滑る。滑る。とにかく滑る。その他のあらゆる利点をかき消すくらいのマイナスイメージとして、滑る。

 良い思い出は、「この靴と世界を歩いた」という歴史だ。頻繁に海外旅行に行っていた一時期のほとんどを、この靴とともに過ごした。イングランド、スコットランド、スイス、フランス、カナダ、台湾。遠い異国での観光において、雨に濡れる心配がなく、疲れにくいハードソールをもつこの靴は、大いなる助力になった。深い思い入れがある。

 そんなカメレオン3のイメージを抱きつつ、手元に新たなる相棒カメレオン5が届いた。

 カメレオン3と大差のない、懐かしいそのフォルムに、大げさに言って胸を打たれた。久しぶり、という感じだ。

 一方で心配なのは、やはりどのくらい滑るのか、という点だ。従来よりは滑らない、との噂だけど、それでもやっぱり滑るという噂もある。カメレオン3のときも「2より滑らない」という噂で、蓋をあければつるっつるに滑っていたから、こいつもきっとそれなりに滑ることだろう。

 どんな思い出を私に与えてくれるのか。どのくらい滑るのか。期待と不安を織り交ぜながら、長くこいつを履きこんでいくことにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。