LoL: 続6.22

 2日目。というか5戦目~10戦目って感じの感想。

 そしてレベル30未満の荒れた戦場での感想。

 初日に続いてTanky Fighterなフィズで遊んだけど、終盤が微妙に思えてきた。後半にいくにしたがって、ダメージ不足が顕著になるし、最大サメの迫力が落ちてしまうし、本職タンクよりは当然やわらかいし。これならやっぱり他のチャンプでいいんじゃない、ってなってしまった。やっぱりAPのほうがフィズである意味というか特徴が出る感じがしたカモ。

 っていうかAPフィズが「定期的に最大サメを撃って当たれば勝ち」みたいな思考停止チャンプになってる気がして悲しい。使う意欲が下がる。いっそケネンジャングルでトロールするぜ、みたいな危険な思想になってしまいそうだ。まあ、まだフィズは使うけど。

 相手にしたチャンピオンの印象は、まずタンク系が異常に硬くなった印象。巨人のなんちゃらのせいかな。相手がTanky構成のときの敵の圧がすさまじくて、一回決壊すると止まらない感じ。アサシンアップデートでアサシンメタがくるかと思いきや、カウンターでタンクメタがきてアサシン涙目、ってなことも多い。

 そして不可視がつよい。私が見たのはアカリだけど、煙玉が万能すぎる印象だった。アレを使われるだけで使われた側はなにもできない。いままでできた「ピンクで看破」のようなカウンタープレイが存在しない。いまのところ「ずるくない?」という悪いイメージしかないよ。

 アサシン勢は正直まだそんなに見てないけど、どちらかというと負けている姿のほうがよく見る。アサシンが試合をぶっ壊してるようなシーンに遭遇してないな。偶然なのか、いまのアサシンはその程度なのか。

 あとはまだよくわからないかなぁ。いまの手探り感は面白いけど、徐々にOPなチャンピオンやセットアップを使っている人と、そうではない人とで格差が生まれつつある。情報戦の時代に突入だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。