DIV: 余生その5

 ビルドを試す遊び。ストライカーセット編。

 前回のアルファブリッジ編が、そもそもお気に入りのL86を使いたいがためのチョイスだったように、今回は未踏の地であるショットガンを使ってみたいがためのチョイスだ。

 それにしても私はどうも、「このセットを使いたい」というよりも、「この銃を使いたい」というほうにモチベーションが偏るようだ。そういう嗜好なのだろう・・・というかただのガンマニア気質かな。

 ってことで、ショットガン with ストライカー in PvEだ。

 ストライカーセットの特徴はなんといっても4セット効果の「当て続ければ当て続けるほど威力が上がるが、外すと下がる」だ。この効果は、駆け寄って必中の近接射撃、というような行動を行いがちなPvPだと強そうだけど、中遠距離で弾丸を振りまくPvEでは、私のエイム力では使いこなせないセットだった。

 そこでショットガンですよ。

 駆け寄って、ガツン!

 散弾の1粒1粒にヒット判定があるから、攻撃力うなぎのぼり! ショットガンだからどうせ近接せざるを得ないから、エイム力もそんなに問われまい!

 という安易な発想で運用してみたのさ。

 結果: 死にまくった

 いや、強かったよ。たぶん。悪くはなかった。たぶん。

 武器が案の定へなちょこなのを差っ引いても、構想どおりスタックはもりもりと溜まっていったし、100スタックゼロ距離ショットガンヘッドショットは必殺の威力を秘めていた(エリートを3、4発で沈める)。ロマンあふれるビルドで、遊んでいて実に楽しかった。

 でも、運用が難しすぎたよ。ハード国連ソロで4回くらい床ペロ。安定して強かったとはとても言えない。いや、悪いのはビルドじゃないな。私の操作能力だ。不慣れな動きを要求されたとはいえ、私の操作能力の限界を痛感したのでしたとさ。

 (普通の戦闘中に写真を撮る余裕が皆無なビルドだったので、写真ではヘリコプターをショットガンで撃つ光景をお届けしました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。