HUNT: 芋砂プレイ

 狩猟日記06。

 フィールドを徘徊していたところ、建築資材のような謎のオブジェクトを発見した(写真左上)。

 近づくと「BUILD(COST: 2100)」というような選択肢が現れる。どうやらお金を払うと何かが建築できるようだ。

 まだまだ駆け出しハンターの私にとって、2100は安い値段ではない。とはいえ、なにが起こるのだろうか、という好奇心には勝てなかった。

 えいや、っとBUILDを実行すると、一瞬にしてそこに狩猟用の見張り台のようなものが出来上がった(写真右上)。なるほど、そういう仕組みか。

 中に入ると、高いところからフィールドを見渡せる。多少迷彩処理もされているので、獲物からは感付かれにくいのだろう(写真左下)。

 説明によれば、おびき寄せ猟によいぞ、とのことだ。どうやって鹿をおびき寄せるのかがわからないけど、初期アイテムにRoe Deer Callerなどという、そのまんま「鹿を呼ぶもの」というものがあったので、それをぷーぷーと鳴らしまくって待ってみた。

 待つこと数分。自然のそよ風が気持ちいい(サウンド)。

 ンメェェェェ。

 !!

 鹿の声が! 返事をするように私もCallerをぷーぷー鳴らして、声のしたほうを監視した。

 すると、森の中から鹿がうろうろとやってくるではないか!(写真右下) おお、この作戦が図に当たる達成感よ。なるほどね、ひたすら徘徊して追跡するだけではなくて、こういう待ちプレイもあるわけか。

 また1つ、ハンター道を極めてしまったようだ。自分の才能が怖い。

 なお、このあと見事に狙撃をミスり、この鹿は取り逃がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。