LiF: 器用貧乏兵育成計画失敗

 器用貧乏兵育成計画は失敗だ!

 構想では、射撃兵としての性能を残しつつ、盾を持ち、なおかつプレートを身にまとうという、遠近両用攻守自在のやりたい放題プランだったのだけど、いろいろな理由でいまいちだと感じてしまった。

 まず盾。盾持ち戦闘を志向しているくせに、盾持ちの主要スキルラインであるFootman系列を、Swordsman(60)とHuscarl(0)にとどめる計画だったのは、ひとえに装備する盾をRanger(30)のPaviseに依存していたからに他ならない。

 Ranger(30)到達時に、試しに仲間とPaviseをもって殴り合いをしてみたところ、Paviseがほとんどの攻撃をガードできるほどの高い防御性能を見せたために、Paviseを活用する構想がわいたわけだ。

 しかし、実際にフル装備でPaviseを構えてみると、そのあまりの重量に、決してガチムチとは言えない私のキャラは、満足に身動きが取れないようになってしまった。Paviseは元々持って使うものではなく、置いて使うものだから、当然といえば当然かもしれない。とにかく、これはダメだ。

 ・・・結果、Pavise重装兵構想は瓦解した。

 こうなると、ここから修正していく選択肢は2つしかない。

 1つは、盾を持たない、というプランだ。せっかく取得したAssaulterのラインを活かす意味でも、Footman系列を消して、Assaulter系列をさらに伸ばすことにする。あるいはシナジーのあるユーティリティーを高める。この場合、腰にボルト、背中にクロスボウと両手武器、となる。

 もう1つは、プレートを着ない、というプランだ。Assaulter系列はなかったことにして、Footman系列を伸ばす。Paviseの代わりにTower ShieldやIron Round Shield(Targe?)を装備して、鎧は一部スケイルにする。鎧が変わる以外は、基本構想は同じ。剣、盾、弩、だ。

 結論としては、後者にすることにした。

 理由は単純に盾が格好いいからだ。紋章の入るゲームでは、盾が映える。持ちたい。それだけだ。

 一応理論的なことを言うと、今のステータス配分だと、両手武器の要求値を満たしていない、というのも理由になる。生産、戦闘ともに器用貧乏気味なステータス配分をしている現状だと、両手斧や槌は重すぎるのだ。

 ってことで、せっかく修業をして、しかもプレートまで部分的に作ってしまったけど、おもむろに軌道修正することにしましたとさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。