LiF: 生産のクオリティ

 生産のクオリティの仕組みがいまだによくわからない。

 Wikiを見ると生産における素材、ツール、スキルの影響度合いが書いてあるんだけど、その数値に納得のいくものと、納得のいかないものとがある。

 よく作っているものを思い出して考えてみよう。

 たとえばSimple rope。

 Wikiによれば影響度は、素材のPlant fiberが50%に、スキルのNature’s loreが50%とある。

 素材のPlant fiberは、スキル上げ用のどうでもいいクオリティものは、いつも家の裏のQ16のものを拾っている。そしてNature’s loreはだいたい90弱だ。

 これらの値で計算すると、16×50%+85×50%=53%。いつも出来上がるSimple RopeはQ48とかなので、まぁ近い値になっている、といえなくもない。

 でも、これをさらにSimple Bowにするとする。

 Wikiによれば影響度は、Branch 20%、Simple rope 40%、Knife 10%、スキル30%だ。

 Branchは敷地内のQ63の木の枝で、最近は作っている。Simple ropeは上述のようにQ50。スキルは90。Knifeのクオリティは覚えていないけど、低質なPrimitive Knifeをいつも使いつぶしている。これで出来上がるSimple bowはいつもQ34だ。

 計算すると、63×20%+50×40%+χ×10%+90×30%=34、ということになり、Primitive KnifeはQマイナス256ということに・・・なるわけないだろうがあああああ!

 ということでよくわからない。まったく計算が合わない。

 さらにもう一つの例を挙げよう。

 ここでQ25程度の鉄製のKnifeに持ち替えたところ、Q70前後のSimple bowが出来上がったりもするのだ。

 計算すると、63×20%+50×40%+25×10%+90×30%=62.1、となる。納得のいく値に近づいている。でも、70にはこの計算では届かないし、誤差で片づけるには少し遠い。謎だ。

 一応この結果から、そして直感的に、クオリティが同じ原始ツールと鉄ツールとで制作を行うと、鉄ツールのほうがいいものになる、という法則はあるのだろうなぁ、と推測はできる。鋼鉄のツールにすれば、さらに良くなるのだろう。でもわかるのはそこまでで、系数などはやっぱりわからない。

 似たような話で、私(大工60)が作った施設と、仲間(大工90)が作った施設の耐久度に3倍の差がある、というような話が先日あった。

 スキル差1.5倍だけで生成物に3倍の差を生むとは思えないし、拾った素材も似たような環境にいれば3倍の差はつけにくいように思える。ただ一つ、ツールに関しては確かに差がある。私は「入手がめんどくさい」という理由で、いまだに石の工具を多用していて、仲間は鉄製のいい道具を作ってもらっているようなのだ。だから、そこで倍ちかい倍率がかかった・・・と思うと納得がしやすい。

 つまり、そうだ。

 私も鉄製の道具の使用を考え始めよう・・・(めんどくさい)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。