旅飯ハワイ18: Coco Coveのアヒポキ丼

 4日目の夜は、また買い出してきて部屋で食べた。

 買いだしてきたものの1つは、Coco Coveのアヒポキ丼だ。

 1日前の昼にもアヒポキ丼を食べたわけだけど、かなり日本風にされていたイメージだったので、もう一度別のところのものを食べてみたい、と思ったのだ。

 Coco Coveはワイキキのど真ん中、ロイヤルハワイアンセンターから道路を挟んだ正面にある、スーパーマーケットだ。ここのデリコーナーのポキがなかなかイケるとの話だったので、今回はこちらのものを試してみることにした。

 ここのポキ屋さんは、ショーケース兼カウンター越しに種類と量を伝えて、量り売りしてもらうというスタイル。ショーケースのなかには、いろいろな種類のポキが並んでいた。ライスの上に乗せてもらう丼形式でも、単品でパック詰めにしてもらう形式でも買えるようだった。

 そして会計は詰めてもらったパックに値札を張ってもらい、ほかの買い物と一緒にレジでする。日本のスーパーにおける精肉売り場にも、こういう形式のものはあるね。基本的に会話がほとんどいらないので、楽ちんだった。

 今回は少し悩んだ末に、結局またしても普通のショウユアヒポキ丼と、変化球として単品でスパイシーアヒポキを買って帰った。

 まず、ショウユアヒポキ丼。うん、これは先日に引き続き、ただの鉄火ヅケ丼だな。結局ショウユアヒポキは、どこで食っても和風テイストなのだろう。しょう油、という時点でどうしたって和風だ。

 そしてスパイシーアヒポキ。こちらはグッと異国風だった。刺身というよりはカルパッチョの雰囲気がある。うまい、そして、辛かった。私はどちらかというと辛さに弱い性質なので、かなりツーンとキタ。単品で食べるのは私には厳しいレベル。ただし、ご飯のおかずにはかなり良好に思えた。

 当初の予定では、ショウユアヒポキでご飯を、スパイシーアヒポキは食後のおつまみに、という想定だったんだけど、逆だったわ。スパイシーアヒポキでご飯を、そしてショウユアヒポキをちびちび、というのが私の辛さ耐性能力に基づく最適解だったようだ。

ショウユアヒポキ丼

スパイシーアヒポキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。