日記: 3月4日(2019年)

 繋ぎゲーム、Borderlands Pre-sequelをとりあえず1周し終えた。

 ただし、「1周」といっても、終わったのはいわゆる「ノーマル」難易度。

 だから、この後もまだまだゲームは続いて、今度は難易度があがる、微妙に演出にも味付けが加わった、「ハード」難易度が待っているらしい。ハクスラで定番の流れだ。

 とはいえ、とりあえずストーリーの大筋はつかめたので、ある程度はもう満足だ。

 そう、もうストーリーの大筋はつかめたのでね。

 ・・・つかめた?

 ・・・そう?

 ・・・いやー、正直なところ、ストーリーはよくわからないままだったわー! なんでだろうな?

 字幕、音声ともに完全に日本語翻訳されていたし、会話も大変耳に小気味よく聞こえた。サブクエストに関しては内容もちゃんとわかって、面白かった。だけど、肝心のメインクエストのストーリーだけは、よくわからなかったんだよな。

 最初の宇宙ステーションの時点で、あそこで何してたのかもよくわからなかったし、最後のエンディングもそれでどうなったのかよくわからなかった。最初から最後まで、理解度55%くらいだった。そこが残念だ。

 それ以外の部分は、昔遊んだBorderlands 1と同じように面白かったよ。Loot Shooterの嚆矢たるシリーズの面目躍如といったところだ。

 ゲームシステム的には、まだまだ中盤以前だからかもしれないけど、グラインダーシステムに意味を感じにくかったかな。序盤こそ、ワクワクしながらグラインドしてたけど、途中からは「金貯めて現物買ったほうがよいなこれ」と感じてしまって、ドロップアイテムは全売りに方針転換してしまった。エンドゲームあたりになると重要になるシステムだったのかもしれない。

 ともあれ、これで1周だ。1500円の元は十分取った。Division 2まではまだまだ遊べるかな、とも思うけど、難しくなりすぎたら心が折れるかもしれない。はてさて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。