TD2: 失われたチャッターボックス

 リバティーに続く、第2のエキゾチック探索行の話。

 今回挑んだのは、チャッターボックスというサブマシンガンのエキゾチックだ。

 チャッターボックスは、P90という装弾数が多く、汎用的に使えるサブマシンガンがベースとなるエキゾチック武器。元々多いその装弾数を、さらに強化するようなユニークタレントがついているということで、エキゾチック武器の中でも、継戦能力に優れた高性能武器だと評判だ。

 ちなみにチャッターボックスという英単語は、調べてみると「おしゃべり野郎」くらいの意味らしい。おしゃべりのマシンガントークの如く、弾丸を吐きまくるっていうイメージだとすれば、ぴったりの名称かもしれない。

 そんなチャッターボックスの取得方法は、リバティーに比べると少しだけ面倒くさかったけど、さりとてそう難しくもなかった。

 手順は概ね以下の通り。例によって、詳しくはググれ。

  1. 各地の地下道をめぐり、「ハイエナの鍵」をたくさん用意する
  2. ダウンタウン東に点在する「ハイエナの箱」を開ける。運がいいと素材「満タンの散弾筒」が出る
  3. フェデラル・トライアングルに点在する「ハイエナの箱」を開ける。運がいいと素材「クリエイティブマガジン」が出る
  4. ジュディシャリースクエアに点在する「ハイエナの箱」を開ける。運がいいと素材「変更済みMOD」が出る
  5. ダウンタウン西に点在する「ハイエナの箱」を開ける。運がいいと素材「失われたチャッターボックスの設計図」が出る
  6. クラフトテーブルで作る

 必要な作業は、「ひたすら鍵を拾って」「ひたすら箱を開ける」というだけだ。倒さねばいけない敵、というものが一切なく、基本的に走り回るだけなので、キャラステータス的な難易度は低い。チョロい。

 一方で、ハイエナの鍵を拾えるかどうか、ハイエナの箱から必要なコンポーネントが出るか、という部分が、いずれもランダムなので、リアルラック的な難易度はやや高い。

 すぐに素材が集まるかどうかは、完全に運不運に左右される。鍵も箱も、24時間でコンテナの中身が復活するので、リトライの間隔は24時間だ。これを長いとみるか短いとみるかは、人それぞれだろう。

 私に関していうと、1日で3パーツ、2日目ですべて揃った。

 鍵は、すべての鍵の出現率が平等なら、ハイエナの鍵を得られる確率は20%なのかな? 1日に20回キーケースを開けても、4つしかハイエナの鍵は出ない計算だ。この鍵集めこそが、チャッターボックスの入手で、最も面倒なパートだろう。

 一方で箱からは、割と簡単に必要なコンポーネントがドロップされた。4つの箱に対して、必要だったハイエナの鍵は、たった6本だ。ドロップ率は50%くらいなんじゃないだろうか。運が良かっただけなのかな?

 ってことで必要なパーツの揃ったチャッターボックスなんだけど・・・一応今は素材のまま保持している。今週末のアップデートで、ワールドクラスが上がる前に作るのが賢いのかどうか、よくわからないからだ。

 まぁ、見た目で武器を選ぶ派の私としては、サブマシンガンはどうせSMG-9をメインにするだろうから、いつ作ろうが結局使いはしなそうなんだけどね。しばらくは素材で寝かせておくことにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。