日記: 11月22日(2019年)

 沖縄旅行の話、その4【レンタカー】

 レンタカーは、外車レンタカーの店で、BMWミニの5ドアをレンタルした。

 愛車であるクラシックミニとの比較をしたかったし、価格や配車の事情面でも、大手で国産車を借りること比べて、あまり遜色がなさそうだったのが、決め手になった。ミニに関していえば、沖縄はレンタカー事情がすこぶるよかった。

 モデルに関しては、3ドアモデルだと中・長距離ドライブで後部座席の居住性が悪いし乗り降りも大変、かといってクラブマンやクロスオーバーだと、そもそも体験したいミニならではの乗り味がなさそう、ということで5ドアにした。

 で、乗ったわけだけど。

 なかなかに、普通だった。

 というかどうしても比較対象が自分のクラシックミニになってしまうから、「すごく違う」「今風」とかいう漠然とした隔絶感しか感じられないんだよな。今の国産車などと比べての評価が難しい。

 実家の現在の車はデミオ。それよりは加速がだいぶ良かった。静粛性もギリ上かな。振動はあまり変わらないかな。そんな感じだけど本当かはよくわからない。先代のアクセラと比べると、加速も変わらんかな。安全運転しかしてないからな。わからないな。ハンドリングは素直だったけど、いわゆるミニの「ゴーカートフィーリング」のようなものはなかった。

 いずれにしても走行性能は、日本で普通に走らせるぶんには十分なものだった。

 気になったいくつかの点として、まず乗り降りがしにくかった。ポジション調整をろくにしていないせいかもしれないけど、ハンドルが低くて乗り降りの時に足を通しにくい。

 純正ナビは優秀だったと思う。使い方がよくわからなかったけど、規制などの情報もリアルタイムに変わっているらしく、それに応じたルート取りをしてくれた。

 トランクは容量少な目。飛行機の機内持ち込み可のサイズのスーツケースを1ついれるとだいぶ埋まった感があった。2つは入りそうだったけど3つはどうかな、っていうレベル。

 後部座席はデミオと同じくらいかな。私は乗っていないのでよくわからない。

 視界は割とよかった。ミラーも見やすく、車線変更なんかにも不安を感じなかった。

 続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。