DDO: EW12「The Rusty Nailより」

 こんばんわ、酒場「The Rusty Nail」で仲間を待っているLlewことNez/蝿です。

 ここまでのEberron Walkerで、ノロノロと和訳つきのプレイ記録を記してきたわけだけど、あまりにも更新がローペースで、前回の更新もはるか昔の数週間前のプレイの様子を書いている、という現状に危機感を覚えつつある。

 ローペース? …いや、そんなこともないとおもうけど、要するにゲームの進度と、プレイ記録内の時間の進度がアンバランスなわけですな(自己弁護)。これでは現実との時差がありすぎて、ネタの鮮度という点でも、「こないだの冒険が載ったかな?」と心待ちにしている(いない)仲間たちにとっても、また、「Nezの野郎は今こんなことをやってやがるのか」というのを知りたいというレアな層にとっても、あまり好ましくない。…そんな層は存在しないフシもあるけども気にしない。

 ってなわけで、今回は前回のプレイ記録以降、最近までにやったことをざっと述べて、時差を埋めるハラ。

 (以下、大したネタバレはないけど、慣習として見たい人専用)


 まずキャラの現状をいうならば、3/20現在、Lv4(Ranger 4)。Lv3のFeatを間違えたことと、Enhancement: Halfling Dexの存在を構想段階で見落としていたことをのぞけば、まぁまぁ順調な成長っぷりだ。

 また、クエスト進度を言うならば、まず、WW2をクリアした後、WWを4まで終わらせた。

 WWは2章構成で、1章ごとに2クエストからなる、合計4クエストのキャンペーン。これらのクエストそれぞれを称してWW1,2,3,4と言うわけだ。WWを通して1から4までやるとかなりのボリュームで、そこそこに難易度も高い。しかしWW2をコンプリートすれば次の市街ゾーンであるMarketplace(MP)へのアクセス権を、最後の4までコンプリートするとそれなりに強力なユニークアイテムを、それぞれ報酬としてもらえるので、頑張る甲斐はあるクエストだ。

 WW4の報酬は悩みに悩んだ挙句、見た目がかっこいいことを祈って、わずかなレジストつきChain Shirt+1にした。んが、見事に今ひとつな見た目でがっかり。普通のChain Shirt+1のほうがだいぶ私好みであった。こんなことならCON+1クロークにしておけばよかったなあ。

 で、首尾よくMPに到着し、そのままMPのクエストを立て続けにこなす今日この頃。

 MPの単発クエストはほとんど終わらせ、MPのキャンペーンもののうち、Catacombシリーズをやっと昨日終わらせた。MPの残す大物は、Steam Tunnelシリーズだ。

 CatacombシリーズはWWを上回るボリュームのキャンペーンで、ストーリーも(ベタではあるけど)なかなか凝っていたので、じっくりと解くことをお勧めしたい。一方のSteam Tunnelシリーズは、WWからの続きモノなのかな? とりあえずWWと同じく下水道モノ。こちらはまだざっとしか見ていないので、これからが楽しみだ。

 …とまあ、そんな感じの今日この頃。まだまだ先は長そうだけど、やっと各クラスの出来ることにバリエーションが出てきて、さらに面白くなってきてる。問題はどんどん敵が(特にキャスタータイプ)が強くなってきていて、今のままの少人数プレイが通用するのかな、という不安があることだけど、まぁ、行けるとこまで行ってみようと思う。

 がんばるべー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。