日記: 1月29日(2009年)

 FIFA09のチーム戦経験がようやく10試合ほどになった。うーん、楽しい。そして難しい。

 前提条件として、私以外のメンバーは皆、私よりもFIFA09に慣れている。一方私のほうはといえば、まだシュート、ショートパス、スルーパス、フリーラン程度しかまともにはできず、クロス、ロングパスあたりまでは、それっぽくやってるフリができるものの、しばしばあらぬ方向に暴発してしまうし、キープ、マーク、タックル、パスカットに至ってはもう壊滅的だ。なので、チームでプレイしていると、足手まとい感が多少あって、申し訳なくもある。

 このゲームのどの部分に一番つまづいているかというと、間違いなく「走る」という部分だ。このゲームは、俯瞰視点でキャラクターを見ながら、そのキャラクターをスティックを傾けた方向に移動させるという、実にオーソドックスな操作体系を採っている。ではあるんだけど、そこにある2つの要素にまだ慣れることができていないのだ。

 1つ目は、単純にうまく方向を入れられないということ。例えば自分を8時30分方向に移動したいときでも、スティックを傾けると、8時方向に移動したり、9時方向に移動したりしてしまって、最短距離を走ることができない。スティックの精細な操作ができないのだ。なので妙にジグザグに走ったり、ピンポイントに地点に到着できないというストレスがある。

 2つ目は、移動量を把握できていないということ。このゲームの移動は、「スティックを傾けている間だけ移動する」というアナログチックものではなく、「『スティックを一回傾けると一定量進む』を傾けている間繰り返すことで連続的に移動する」というデジタルチックなもののようなのだ。なので、いったん移動を始めると、すぐに方向転換をしたくても、「一定量移動し終わるまでの待ち」が発生するので、シチュエーションによっては急には転回できない。つまり擬似的に慣性がつくのだ。だから状況に応じて、ダッシュしたり、歩いたりしないと、思い通りのポジショニングを維持できないんだけど、私はまだそれが出来ず、無駄にダッシュしすぎたり、逆にヨーイドンで出遅れたりすることが多く、ルーズボールの奪い合いでは負け、マークははずされ、ドリブルは奪われてしまう。トホホー。

 ってなわけで、元々はOSで慣れていたDH志望だったんだけど、DHに必要な要素は、唯一プレイヤースキルがなくてもなんとかなる戦術理解を除けば、ことごとく上記の「苦手分野」ばかりが要求されて、チームの負担が大きい。そこでこのところは、FWやSHなどの、「とりあえずはできる操作が多い」ポジションを多用している。ポストプレイは難しいので、主にセカンドトップ的な駆けずり回りプレイだ。そっちのほうが好きだしね。ドリブルできないけど。

 ゼ・ロベルト、アウト。ミロスラフ・クローゼ、イン。

日記: 1月29日(2009年)」への2件のフィードバック

  1. boness

    最近のFIFAとかウイイレは「人間くさい動き」をゲームとして
    成り立つレベルに取り入れようと頑張ってるんで、「スティック
    を一回傾けると一定量進む」、というよりは純粋に「人間
    急には止まれない、動けない」という話ですね。だから先行
    入力するんですが、そうすると今度は変な方に蹴り出したり
    敵にパスしたり・・・経験が重要ですね。

    システム的にはバイエルンだとゼ・ロベルトとファンボメルは
    横並びでバランス取ってますが、僕がファンボメル選んでる
    時に限れば守備に重きを置いてますんでゼでトップ下を
    やっててもらっても破綻はしないですよ。

    返信
  2. Nez/蝿

    目的はわかるけど、手段が先行入力というのがおかしいよね。
    「急には止まれない」ってのと、
    「急には減速できない」ってのは違っていて、
    どれだけ微量でも「減速」はできるはずなんだ。
    少なくとも加速はしない状態に出来るはず。

    でもこのゲームでは、「減速しない期間」と
    「減速し終わった期間」が連続的にくることで、
    段階的な加減速を表現している。
    だからこれを「擬似的な慣性」と表現したわけ。
    スピードカーブがえらく階段状に感じるとでもいうかな。
    この辺の特殊性は現実との乖離が大きいぶん
    慣れが特に必要な部分だと思う。

    別にケチつけているわけではなくて、単なる分析としてね!

    そしてマルク・ファン・ボネスとはむしろ前後より
    左右でバランスをとったほうが楽かもしれない。
    無論ケースバイケースだけど。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。