台湾: 1日目

 4月28日現地時間20時30分。台北市内のホテルにて。

 1日目の出来事&感想を羅列!

 ・7:15分日暮里発のスカイライナーで出発。眠い
 ・空港はそこそこ混んでる
 ・ヨーロッパ便と比べると台北便は客層が違う。空気が違う
 ・評判の悪いチャイナエアラインズで離陸
 ・機内食うめえ! ここ数年で一番うめえ!
 ・映画はトロンを見た。完全に駄作
 ・ガリバーがあったので帰りにあれば見よう
 ・桃園空港着。現地時間13時前くらい
 ・ソフトバンクの海外パケットし砲台でiPhone通信確認
 ・さて、どうやって市内に行けばいいのか
 ・高速バスのカウンターにで泊まるホテル名を連呼してみた
 ・なんだかよくわからないままに切符を買わされた
 ・なんだかよくわからないままにバスに乗った
 ・どこで降りればいいのかわからないんですけど!
 ・地図とチケットと一緒にもらった路線図を凝視
 ・道路名で根性で判断して下車成功
 ・たくさん人が降りる停留所でよかった
 ・チェックイン完了
 ・飯を食うべく、地下鉄で移動
 ・台湾最初の飯は鼎泰豊と決めていた
 ・これを基準に今後の評価をしたいという意味で
 ・地下鉄はチケットがコイン
 ・券売機や改札、乗降のしきたりなどはほぼ日本と同じようで簡単
 ・中正記念堂駅で下車
 ・記念堂を見物
 ・建物は立派だけど、展示物は予想通り気持ち悪いものだった
 ・広場で台湾女子の群れが踊りの練習をしていた。微笑ましい
 ・鼎泰豊まで歩く。結構遠い
 ・鼎泰豊で小籠包と海老炒飯を食う。合計400元くらい。お高い
 ・小籠包はさすがにうまかったが、ちょっとぬるかった気がする
 ・うまいんだけど、小籠包という食べ物自体にそんなに感動がない
 ・海老炒飯は上品な味。悪く言えば薄味。嫌いじゃない
 ・思ったより腹がいっぱいになって帰る
 ・帰り道に永康街なる街をぶらつくが、閑散としていた
 ・平日夕方じゃこんなものかな
 ・ホテルに帰る途中でぶらっと全身マッサージ
 ・痛い80%、気持ちいい20%、みたいな感じだった。うーん、ハズレかな
 ・疲れたのと、腹が減らないのとで、夜市に行く余力もなくホテルで沈没
 ・風呂に入って、今に至る
 ・なお、ホテルではブロードバンドでネットブックがつながっている
 ・RIFTを遊んでみた。ソロクエがぎりぎりできる
 ・プレイはしんどいけど、チャットできたのは良かった

 以下、写真数点。時系列に沿っていない。


   

機内食。ビーフストロガノフっぽいもの

鼎泰豊の海老炒飯
   

鼎泰豊の小籠包

鼎泰豊の小籠包の食べ方マニュアル
   

ホテルでRIFTの図。ネットブックじゃ重すぎ

ホテル前の通り。スクーターうじゃうじゃ
   

中正記念堂。でっかい

記念堂に登って広場を見るとこう
   

台湾: 1日目」への2件のフィードバック

  1. psan

    um
    台北へは去年の10月に行ったなー
    士林夜市へ行くなら、士林陽明戲院の脇の屋台街にある肉まん屋の「大上海生煎包」オヌヌメ。
    オレンジTシャツの集団がいたら、ソコダ。

    返信
  2. Nez/蝿

    ほほー。
    検索すると評判がいいね。
    玄人っぽい人々が行っている。

    しかしベタを抑えたくもあり、難しい。
    胃袋に限界があるからなあ。

    っていうか、生きていたか!うむうむ。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。