LoL: 余命1週間

 あと1週間でLoLともしばらくお別れ(多分しばらくTESOメインになるので)。

 ってことで、ここんとこのLoLの記録などを書いて、数ヶ月後の自分に残しておこう。

 まず、ランクマッチ。全然やらなくなった。わかっていたことではあるんだけども、ストイックにプレイヤースキルを磨くタイプではないし、かといってランクを上げるためのプレイ(OPチャンプを選ぶ、対面有利なピックをする)に徹して楽しめるタイプでもないから、勝利が至上命題な戦場はあまり向いてなかった。エンジョイ勢すぎたってことかな。

 なので結局はノーマルマッチばっかりやっている。ルールはすっかりドラフト一本。ブラインドピックの早い者勝ちでコールするようなカオスな環境よりも、一応秩序のあるドラフトピックのほうが好みに合っているようだ。わがままを言うようなヤツのせいで変な構成になることが(比較的)少ないし、緊張を強いられる同キャラ対決がない、ってのも好みにあっていて、安定して楽しめる。各種大会シーンと同じルールで遊ぶことは、遊ぶにも観るにもプラスに働く、というのも大きい。

 最近良く使うチャンプは、Evelynn、Poppy、Kennen、Veiger、Rumbleってとこかな。基本的にBotレーンがいやなので、Top、Mid、Jungleのどれかを極力選んでる。仕方なくBotに行かざるを得ない場合は、TristanaとLuluにするけど、楽しめないことのほうが多い。これは多分に性格的な問題。

 ピックの選択基準は、相変わらず「Yordle重視」ってことなんだけども、Jungleに関してはEvelynnがあまりにもお手軽で強いので、特にFirst Win of the Day Bonusが未消化の時なんかは、日和ってEvelynnのOP具合に頼ることが多い。でもOP JunglerがどんどんNerfされていっている昨今、そろそろEvelynnのOPがばれつつあって、BANされたりNerfされたりしそうで気にかかるところだ。

 あとは変わった話としては、Battle Regalia PoppyとKarate Kennenのスキンを入手した、ということが挙げられるかな。

 私は基本的に無課金勢なので、課金しないと手に入らない「スキン」というシステムとは、ほとんど縁がなかったんだけども、前者は友人がプレゼントしてくれて(ありがとう!)、後者はセール時価格が400RP以下だったから、サブアカウントの無課金保有RPを使って、メインアカウントにプレゼントすることで入手することができた。Riot Tristana以外のスキンを入手したのは、これが始めてだ。

 なるほど、今までスキンとは無縁だったけど、スキンがあるとそのキャラクターへの愛着が増して、ピックして遊ぶモチベーションになる。なかなか、これはこれでいいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。