英国’14: 15.クライストチャーチ

 この日は翌日の帰国に備えて、コッツウォルズを離れ、ヒースロー空港至近のウィンザーまで移動をする日だった。

 当初の予定では、すぐにウィンザーまで移動して、ウィンザーの観光をする日にしよう、と計画していたんだけども、ウィンザーで1日つぶすのもつらいし、その途中で1箇所くらいは観光しないともったいないよね、ということになった。そこで急遽、白羽の矢が立った観光地が、オックスフォードだった。

 オックスフォードといえば、皆さんご存知のようにオックスフォード大学の街だ。街の中心部にはオックスフォード大学のカレッジが林立していて、それぞれのカレッジの歴史ある校舎が、そのまま観光スポットになっている。

 今回は時間がないので、最も代表的な「クライストチャーチ」というカレッジの校舎だけに対象を絞って見物してきた。

 その時の印象としては、まぁこんなもんかな、というようなものに過ぎなかった。もうこの時点ではすっかり「歴史ある英国風景」を見飽きてしまっていたし、長距離移動で疲れていたし、突然田舎から都会に戻ってきて違和感があったしで、感動するだけの気力がなかったのだ。

 でも今にして思い返せば、建物といい、調度といい、中庭といい、およそ日本の大学とはかけ離れた雰囲気の、興味深い場所だった。もう少し気力を振り絞って、真剣に見物しておけばよかったと、いまさら後悔しているよ。無気力なまま、ザーッと流すように見物してしまったのは、実にもったいなかった。

 クライストチャーチの観光に消極的だったもうひとつの理由には、ここの最大の売りであろう「グレートホール」が見物できなかった、ということもあった。

 グレートホールは、公開日・公開時刻が不定期な場所なんだけども、残念ながら私が訪れた時は、ちょうど非公開だったのだ。このグレートホールは、ハリーポッターのホグワーツ城の、食堂のモデルにもなったという場所で、さぞや荘厳だろうと期待していただけに、見られないと知ってがっくりきてしまったのだ。

 そんなわけで、せっかく立ち寄ったものの、気合のはいらない見物でお茶を濁し、早々に立ち去ってしまった場所。それがオックスフォードのクライストチャーチなのでした。

正面側の街並み

内部の中庭

内部の礼拝堂

外の庭園

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。