日記: 11月15日(2014年)

 ファイナルファンタジーエクスプローラーズ(FFEX)の体験版をプレイした。

 FFEXはニンテンドー3DS用のゲームで、ジャンルは一応アクションRPGになるのかな? ぱっと見の印象は、モンハンやファンタシースターオンラインに近い、三人称視点でカメラを動かしながら、歩いて殴るゲームだ。ただアクションRPGとはいってもアクション性はほとんどなく、要求されるアクションは上記2作品よりも低くて、「FF14のGT避け程度」あるいは「聖剣伝説程度」だった。

 一応、このゲームの狙っているパイは、モンハンのパイなんだろう。そういう観点でモンハンと比較すると、シングルプレイやそのやりこみの楽しさという点に関しては、案外モンハンのパイを食えるような可能性を感じられた。

 体験版なのでそんなにやり込めないものの、自分好みのオリジナルアビリティを育てるのは面白かったし、ジョブが増えればさらにカスタマイズのバラエティに富むだろうと期待できた。モンスターを連れ歩くこともできるので、シングルプレイのさみしさも軽減されるし、その育成も楽しめる。連れ歩けるモンスターが変な猫一択ではなくて、好きにチョイスできるのもポイントが高い。基本的に、モンハンよりもぬるめのバランスなので、一般受けしやすかろうという点もプラスに働くだろう(むしろあの難易度のモンハンがヒットしているのは、このご時勢では奇跡に近い気がする)。

 でもその一方で、マルチプレイはというと、うーん、セールスポイントがよくわからなかった。友達と一緒にシナリオを進める、とかいうのは当然楽しいだろうけど、そんな足並みを揃えたプレイができる仲間を用意できる人はほとんどいないだろう。となると一見さんとの短いプレイの繰り返しがメインになると思うんだけど、その一見さんとのプレイを推進するシステムが、全く見えてこなかった。

 モンハンの場合は、マルチプレイのほうが強い敵を倒すのが楽になる→素材集めが楽になる、という明確なマルチプレイをする動機があった。でもFFEXでのマルチプレイでは、そういうメリットが見当たらないんだよなぁ。少なくとも体験版の範囲では、そういうものが感じられなかった。敵を倒し易くもならないし(敵のHPが増えるぶん効率が変わらない、というかシングルよりつらい)、マルチプレイでは仲間モンスターが育たないし、アビリティの育成もシングルのほうが落ち着いて発動と習得を繰り返せる。いいところがない。

 ヘイトの概念があるから、もっと先に進めば、バランスの取れたパーティーを組むことがメリットになるのでは、という期待感はある。ロールに応じた仕事をきっちりとできる、生身の人間とマルチプレイをすることで、格段に楽になる展開があるのかもしれない。また、ひょっとしたらマルチプレイじゃないと発動しないクリスタルドライブ(アビリティを育てるための条件)なんかがあるのかもしれない。でも、体験版の範囲では、そういう「ひょっとしたら」が「確信」には至らなかった。

 ってなわけでFFEX。どちらかというとシングルプレイ用としてしか、まだ評価しきれていないけども、正月休み用のアイテムとしては悪くないかもしれないな。購入を検討してみよう。

日記: 11月15日(2014年)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 日記: 12月20日(2014年) | Fly!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。