FF14: ひとまず撤収

 もう一部には伝えたけども、しばらくFF14はお休み。

 最後の支払い分によるログイン権がまだ残っているから、12月20日前後まではログインできるけど、中断すると決めたら、途端に詩学集めなどはどうでもよくなってしまったので、まぁ、すっぱりと中断ですな。

 FF14は結局新生版のリリース後は、半年プレイして、半年休んで、また半年弱プレイ、というプレイ遍歴になる。まぁ、ほどほどに楽しんだんじゃないかな。

 私も日本人の端くれなので、和製ゲームなだけで好印象だし、和製特有のぬるい雰囲気も嫌いじゃないんだけど、ゲームとしてはもうやりたいことがないな、という感じになってしまった。同じ舞台、キャラクターで、もっと面白いコンテンツがあれば喜んで居残るんだけどね。
 
 勘違いを避けるために言っておくけども、FF14のコンテンツが足りない、といいたい訳ではないよ。そうじゃなくて、凡百のMMORPGの寿命は、私にとってせいぜい半年なのだろう。レベリングが終わったあとの、エンドコンテンツにおける変化曲線の足りない段階を、ゆっくり遊ぶという遊び方は、私の性に合わないのかもしれない。

 また半年くらい経って、戻る可能性はあるかなー、どうかなー。FF14に時間を空けて戻るとどんな感じか、ということは今回でわかったから、その辺が恋しくなったら戻るかもしれないし、そうでもないかもしれない。ただ次に戻りたくなるかもしれない頃には、おそらく有料の拡張パックの導入後だろうから、その辺の投資の必要性が復帰を思いとどまらせる可能性は高かろうと思っているよ。

 それじゃ、バイバイ、エオルゼア。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。