TESO: ひさしぶりの集団戦:参加編

 Death Chainsawは、たしか使っているクライアントはMumbleだったよな・・・。

 Mumbleを起動すると、接続先メニューに「DC」「DC ver2」「DC3」というチャンネルがあった。昔つくったプリセットなのだろうが、どれが正解かわからん。手当たり次第につないでみるが・・・どれも繋がらないではないか。くわっ!

 そこでDeath Chainsawのギルドフォーラムを覗いてみると、あ、あった、あった。最新のVCチャンネル情報が記載されていた。それに従って設定をすると・・・あ、繋がった。繋がってしまった。ど、どうする。とりあえず「こ、こんばんわ」。

 相変わらず、活発にやいのやいの言っている元気なチャンネルだった。人見知り勢としては、アウェー感ハンパ無い。しかし、ここで引いては遊べない。しぼりだした小声で挨拶を行ったところ、なんとか忘れ去られてはおらず、受け入れられたようだ。

 そしてゲーム内でもグループに入れてもらって、AvAを再開することにした。

 それからの戦果は、「快進撃だった」と言っていいんじゃないかな。

 時折、多勢に無勢で負けることもあったけど、1.5倍程度の相手にはまず負けることはなく、地の利があれば2倍の人数を相手にしてすら、互角以上に渡り合うことも多かった。

 Death Chainsaw部隊は、魚群のように皆で狭い範囲に固まって、AoEによる攻撃と防御を展開しながら、中速で突貫する、という戦術を取ることが多いようだった。だから、特に砦内の制圧戦のような、敵が広がらない局面で、効果的に刺さっていた。寡兵で多兵を捌けたのは、大体こういうシチュエーションだった。

 一方、野外での戦いに関していうと、これはあまり刺さっていなかった・・・というよりは、そもそもいい感じの野戦の機会が、私が参加している時間にはなかったかな。ただ、野戦のほうが空間が広い分、どうしても陣形が縦に伸びがち、横に広がりがちなので、一箇所に固まる戦術をバシっとキメるのは高い錬度が求められるだろうな。

 さて、そんな中、私が何をしていたかというと・・・ひたすら四方八方に短剣を投げてました。前列と一緒に敵陣へ突っ込んで、シュバ、シュバ、シュバっと、Steel Tornado(PBAoEDD)を乱射。CCも防御も人任せのお気楽プレイ。何も考えずに、ただただ殺害ログが詰み上がっていくのを眺めるのは、なかなか楽しかった。

 しかしこうやって戦っていると、自分に不足していることも見えてきてしまうなぁ。まずポットもなければ食事もない(最低)というのが問題ありだな。事前準備してなすぎ。おかげでリソースの回復が遅く、経戦能力が低すぎた。

 あとはやっぱりVRとギアかなぁ。VR14の強そうな人を殴ると、驚くほどダメージが通らなかった。そして殴られると死ぬほど痛い。すぐに廃品になるであろうVR12のギアを集めてもしょうがないので、やはりまず今はVRを上げることを第一として、しかるのちにギアを集めたいところだ。

 効率的なVRの上げ方、急募。

TESO: ひさしぶりの集団戦:参加編」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。