日記: 6月21日(2015年)

 この週末は、満開のレンゲツツジを観に行った。

 行き先は長野県は茅野市の車山高原~霧ヶ峰のエリア。いわゆるビーナスラインのクライマックスとして、ライダーやドライバーには、おなじみの景勝地だ。かくいう私も、何度も、何十回も通ったことのあるエリアになる。

 でも、このエリアについては、基本的には道沿いの景色を楽しむ程度の付き合いでしかなくて、それ以外の楽しみ方については、積極的に知ろうとはしていなかった。なんとなくきれいな高原の景色を見ながら、バイクや自動車で走れればよかろう、というような認識だった。

 ところが先日(といっても1、2ヶ月前だけど)、あるTV番組にその認識を一変させられてしまった。

 その日NHKで放送していた番組は、八島ヶ原湿原から車山山頂まで歩く、というような趣旨だった。そこに映し出された映像は、私の知っているような、緑と青と白からなる草原のビーナスラインエリアとは、大きく趣を異にするものだった。

 おなじみの緑と青と白からなる草原の風景に、オレンジ色の絨毯をかぶせたように咲くレンゲツツジ。そのあまりにも華やかな光景は、私の知らないこのエリアのもうひとつの姿だった。

 それを見た私の感情は、悔しい、というようなものだった。勝手知ったるはずだったこのエリアのことを、どうやら何も知らなかったらしい。くわっ! このまま済まさでおくべきか・・・。

 ってなわけで、レンゲツツジの最盛期を調べ、その時期に狙いを定めて、ドライブ旅行に出かけた次第だ。

 結果からすると写真の通り、一面のレンゲツツジを満喫することができた。前日も翌日も雨、という梅雨の悪天候のなかで、1日だけとはいえ抜群の好天に恵まれるという幸運にも浴した。それどころか前日までの雨が、草花に活力を与えるという効果すらあったようで、より一層瑞々しく輝いた自然の光景が、そこには広がっていた。この季節の、このタイミングでの、この好天。毎年観られる、というほど平凡な景色ではなかったに違いない。

 有給を含め3日の行程中、2日が雨の旅行になったわけだけども、それでも十分に満足だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。