日記: 11月2日(2015年)

 日本のゲーム業界はすっかりスマホゲームに染まっている。ように見える。

 しかし悲しいかな、私はスマホゲームには全く興味がもてないまま、これまで過ごしてきた。スマホというデバイスが悪いと思っているわけではなくて、単純に面白いと思うゲームに、スマホでは出会えなかったからなんだけども、とにかく興味がなかった。

 また、興味がなかった理由はおそらく他にもあって、スマホゲームそのものの印象が悪い、ということは特に大きかった。

 すごく言葉は悪いけど、スマホ界隈には「子供だましのゲーム」が多すぎる。参入障壁が低いのは悪いことではないし、裾野が広がらないと標高も上がらないということもわかる。でも、その頂上付近のゲームですら、はっきりいって「子供だまし」ばかりに見えた。制作サイドからすれば、皆が皆そうではない、と言いたいのだろうけど、消費者目線ではどうしても志の低い業界に思えて、積極的には支援したくない気分になっていた。

 さて、そんな私なんだけども、最近はちょくちょくスマホでゲームをしている。手のひらクッルーだ。

 遊んでいるのは、モンスターハンターエクスプロアというゲームだ。

 スマホ向けの簡単操作で、うまいことモンハンっぽさを演出している佳作だ。慣れてくると、やっぱり操作は単調だし、物足りなくもなるんだけども、その一方で、操作体系上このくらいが限界だよな、と許せる程度には頑張りがみられる。むしろ操作をかなりシンプルに割り切っているだけに、スマホのアクションゲームでありがちな、意図しない操作ミスが少なくて好印象な面もあるくらいだ。

 何より私がこのゲームに馴染んでいるのは、やっぱり「自分を育てるゲーム」だからかもしれない。MMORPGでもなんでも、基本的にはこういう「自分を育てるゲーム」が私は一番好きなのだ。あかの他人を主人公にしたストーリーを追うゲームや、自分が他人のように勝手にしゃべるゲーム、そういう「自分ではない何者か」のアニメ絵を売りにするようなゲームには、断じてはまれない。

 「自分」を「自分好みに」育てるという、モンハンテイストこそが、私にとってのこのゲームの美点なのだろうな。たとえアクション部分が劣化していても、そのテイストが大事なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。