BT: Mission 13 “Liberate: Itrom”

 【背景】

 Smithonの難民救出作戦の成功を喜ぶ間もなく、次の情報が入った。

 惑星ItromのGallas家は当初Directorateに従っていたが、今やDirectorateに不信を抱くようになっていて、Directorateにダメージを与えることのできる情報を提供するつもりがあるらしい。

 問題はGallas家当主のLady Gallasが、すでに惑星Itromで拘束されてしまっているということにある。この状態では、Lady GallasがRestorationと接触を持とうとすれば、たちまち処刑されてしまうだろう。

 となれば、惑星ItromそのものをDirectorateから解放し、Restorationの支配領域にするしかない。

 【自軍戦力】

  • HGN-732B Highlander(Fly搭乗)
  • GRF-1N Griffin(Behemoth搭乗)
  • TBT-5N Trebuchet(Glitch搭乗)
  • DRG-1N Dragon(Ronin搭乗)

 【敵対戦力】

 Silo Alpha

  • GRF-1S Griffin
  • BJ-1 Blackjack
  • COM-1B Commando
  • SRM Carrior

 Silo Bravo

  • CN9-AL Centurion
  • LCT-1V Locust
  • TBT-5N Trebuchet
  • LRM Carrior

 Silo Charlie

  • SHD-2H Shadow Hawk
  • CDA-3C Cicada
  • JR7-D Jenner
  • SRM Carrior

 【ミッション概要】

 放射線と砂嵐でレーダーが効かない、という中でのミッション。ただしこの隠密設定は敵にだけ適用されるらしく、こちらの行動にはあまり影響がない。要するに、常に不意打ちできるうえに、援軍も来ないというラッキーな設定。

 3か所のサイロの守備隊を、それぞれ接敵後5ラウンド以内に全滅させるというのがミッション内容。最低でも1か所で成功させればミッションそのものは成功になるが、上記の好条件で非常に簡単なので、まず取りこぼすことはないだろう。

 注意点は特にない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。