日記: 3月7日(2019年)

 病の話。その2。

 みんな大好き花粉症。

 今年はついにね、私もね、降参ですよ、降参。

 かつては花粉症で苦しむ人々を、他人事のように眺めていた私なんだけど、ここ数年というもの、毎年毎年徐々に徐々に、花粉症の症状を自覚するようになってしまった。この時期になると、目のかゆみや鼻の諸症状に悩まされるようになったのだ。でも、去年まではまだまだ、自分が本当に花粉症だとは認めてはいなかった。認めるにしても、ごくごく軽微な、花粉症もどき程度だと言い張っていた。

 だから花粉症対策も、ときどきマスクを着用する程度で、薬物には頼っていなかった。おクスリに手を出したら、もう本当に花粉症だと自分で認めたようなものだ、とぎりぎりで踏みとどまっていたのだ。だけど・・・もう駄目だぁぁぁ、耐えられないぃぃぃぃ。

 ってことで、今期は薬物に手を染めてしまいました。クスリを・・・ヤクを・・・くれぇぇぇ。

 服用を始めたのは、フェキソフェナジン塩酸塩系のもの。テレビで嵐の大野くんが奇天烈な紫色のコスチュームを着て宣伝している、アレグラFXってやつが代表的な、花粉症薬の系統だ。

 そのアレグラFXのジェネリックバージョンに、アレルビというものがあり、今回はこれを購入した。

 アレルビはアレグラのジェネリックバージョンだけあって、成分はまったく同じなのに、価格はかなり安い。ドラッグストアで買っても安いんだけど、これがAmazonではたまにえらく安く売ってたりするので、さらに安い。100%値段を理由に、アレルビを選択した次第だ。

 参考までに私の購入時の値段を挙げると、アレグラは28錠でAmazon価格が1600円、アレルビは56錠でドラッグストア価格が2500円、そしてアレルビ56錠のAmazon価格が購入時は1000円で、今は1800円になっている。もうなにが定価だかよくわからんなこれ。

 で、気になる効能はというと・・・いまのところ奏功している気がする。

 こういうのって、「飲まなかった場合」のifと比較ができないから、症状が薄いのが薬のおかげなのか、その日の花粉の飛散量のおかげなのかが、いまいちわからないんだけどね。でも、飲むようにしてからというもの、しんどい鼻水や目のかゆみを感じていないから、多分効いているんだろう。ビギナーだから、薬の効きもよいだろうし。

 ってなわけで、ついに薬物に手を染めてしまったワタクシ。これ以上、花粉症が悪化しないことを願いつつ、薬物漬けの春を迎えるとしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。