TD2: 続ビルド遊び

 余生を過ごすためのビルド遊び。

 2周目のサミットに散歩に行ったり、リーグやマンハントをこなす時の気分転換用のビルドをまた作った。

 前回のビルドもよかったんだけど、あれは火力は出るけど、やっぱり少し撃たれ弱く、不安定。神経を張り詰めないと運用できないところが、私の好みではなかった。射撃寄りのビルドであっても、タレドロほどとは言わないまでも、できるだけのほほんと運用できるようなお気楽ビルドにしたい。

 ということで、先日入手したメメントを利用して前回のビルドを再構成し、半盾&ハンターズフューリーという、火力と防御力の折衷ビルドを用意した。

 構成は、赤3、青4、黄色1。合計値が6ではなく8になるところが、メメントを採用した利点だ。

 これで盾スキルに乗るスキルクラスは6になって最高値を確保できる。そのくせ赤3と火力もそこそこ。メメント強いぜ。

 基本的なコンセプトは前回と同じで、近寄ってのSMG叩きこみ。バックパックが変わったことで、キルによるボーナスアーマーを即時得ることはできなくなったものの、メメントのパッシブ効果でドロップするキルコンファームドなるドーピングアイテムを拾えば、そこでボーナスアーマーが得られ、チェストタレントのインティミデイトも発動する。結果的には前回のビルドと似たようなムーブが取れるわけだ。

 そして赤の数が減った分だけ、火力は前回のビルドよりは落ちるものの、それを補って余りあるアーマー値の上昇と、半盾の防御力とで、生存力がかなり向上。ヒロイックのサミットなら、かなり危なげなく進んでいける構成になった。

 Division 2のリリース以降、Division 1で愛用し愛着のあったD3構成をなんとか再現できないかと、いろいろな盾ビルドを作ってきたけど、このビルドは今までで一番理想に近い形になった気がするな。非常に満足だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。