CF: 続・採集をするぞ、生産もするぞ

 マゾすぎる、と報告した採集を、しかし黙々と続けた。

 これは今までのMMORPGでは、私にはありえないに等しかった行動なんだけど、すべてはテレワークのおかげですな。採集という行動は、テレワークの合間に・・・ゴフンゴフン・・・ごにょごにょでむにゃむにゃした結果、なぜかコツコツと進めやすかった。なんでだろうなぁ。不思議だけど、まぁ、そういうわけだ。

 ってことで現在、私のキャラは、そこそこに採集能力が向上している。

 白眉はMinerがEpicになったこと。それに加えて、Logger、SkinnerもRareにまでなった。世間的にどれだけすごいことかはわからないけど、私の周囲の人々の中では、かなり優秀な部類のはずだ。ふへへ。

 このゲームで生産スキルを上げるには、以前にも書いたように、採集行動でレアなアイテムを引き当てる必要がある。開始時点であるCommon(白)からUncommon(緑)にするにはそのアイテムが1つ。UncommonからRare(青)にするにはアイテム3つと12000ゴールド。そしてRare(青)からEpic(紫)にするにはさらにそのアイテムが6つと36000ゴールドが必要になる。なんという遠い道のりか。

 そして、しかし、それを私は踏破したわけで、うーん、我ながらやりすぎ(私基準)だな。もとい、頑張った頑張った。

 加えて、そうして向上した採集能力で手に入れた素材を使って、Weapon Smithの生産スキルも向上させた。

 こちらも同じく過酷で、「生産の完成品を作るとランダムで引き当てられるアイテム」を採集と同じように成長に要求される。このアイテムは、完成品を作れば体感で5回に1回はでるんだけど、そもそも5回分の完成品を作るために必要な資源の量が、このゲームの場合、莫大な量になるので、それを採集する時間を考えると、採集と同じか、それ以上に時間比では向上させにくいような設定になっていた。つらい、つらすぎる。

 で、そんな向かい風の中でも、なんとかWeapon SmithをRareにまでしたわけなんだけど、それで見えてきたことは、まだ全然採集生産のうまみがないな、ってことだった。

 ここまでしても、作れるものはその辺で狩りをすればサクサク拾えるものと大差ない。苦労にご褒美が全然見合わない。このゲームの生産はどういう立ち位置なのか。ただの趣味なのだろうか。そういうMMORPGも多いけども。

 とはいえ、メリットが薄いからこそ、自己満足度が高いともいえる。しばらくはEpic Minerであることを、是非ともドヤっていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。