NW: Starstone Barrows

 2つ目のインスタンスダンジョン(New WorldではExpeditionという)に行ってきた。

 その名も「Starstone Barrows」。

 全体チャットの募集などでは、Starstoneとしか言われないので、正式名称がStarstone Barrowsだとは誰も知らない恐れがある。私もこの項を書くにあたって、なんだっけな、とウェブで調べた。

 私はこのゲームでは、正直なところ99%のストーリーは読んでないので、どういう背景の場所なのかは全然わからない。なにやら怪しげな円形オベリスク群の遺跡の中央にある、最もデカい、しかし崩れたオベリスクから入る地下遺跡、という雰囲気のところ。そういう見た目の描写しかできない。そこになにをしに来たのかは、ついぞわからないままだ。とにかくラスボスを倒せばいいのだろう? それは知ってる。

 さて、そんな謎の地下遺跡の内部は、電流イライラ棒的ギミック(いや、全然違うけど)が満載で、アクション的な操作を少しだけ要求してくる、なかなかのオモシロダンジョンだった。そのクリアまでの道程には、なるほど、こうするのか、というような新鮮な発見が多く、初見だったこともあり楽しかった。

 一方で、2回目以降に周回するという観点で見ると、このアクション部分が、おそらく面倒なファクターになってしまうだろうことは明白で、楽しみつつも、これは初回限りの面白さなのかもしれない、という懸念を同時に抱かされた。ただ、その初回の1回に限って言えば、なかなか凝った作りだったし、もともとダンジョンを周回する趣味もないので、個人的には好印象のExpeditionだったかな。過去作で言えば、DDOのダンジョンに近いタイプだ。

 ラスボス戦も熱かった。

 ギミックを理解せず、展開がじり貧になり、一時は壊滅しかけたものの、パーティーの平均レベルがダンジョンの推奨値よりも5くらい上だったおかげで、そこからなんとか踏みとどまり、薄氷の上を歩く感じで勝利することになった。正直、これは負けたな、と思う瞬間すらあった。そこからの勝利は、なかなかにうれしいものだった。

 初回のExpeditionもそうだったけど、どうもこのゲームのダンジョンやラスボスは、それなりに最適解を要求する、良いバランスの難易度になっているみたいだ。ごり押しだけでは厳しいなにかが仕込まれている。気がする。よくできてる。

 ともあれ、無事クリアはクリアだ。また1つ、踏むべきマイルストーンを踏んだ気がする。達成感がある。

 さて、次のExpeditionはどこなのかな。これはメインクエストを進めていないこともあって、まだ入り口すら目にしていない。いつか遭遇することを楽しみにしていよう。

NW: Starstone Barrows」への2件のフィードバック

  1. Venyo

    良くスクショでに出てくるNecolさんが気になりますね。
    私の親友の名前に似ているのでw

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。