日記: 7月10日 (2006年)

 ワールドカップもついに終わってしまった。ので、ふざけた総括をしてみた。

 私がある程度生でTV観戦した試合は、

 ・イングランド―パラグアイ
 ・日本―オーストラリア
 ・アルゼンチン―セルビア・モンテネグロ
 ・日本―クロアチア
 ・日本―ブラジル
 ・ドイツ―アルゼンチン
 ・イングランド―ポルトガル

・・・の7試合だけ。要するに日本戦と、土曜の夜の試合だけって感じかな。平日夜に、根性で夜更かしを敢行し、他国同士の試合を観戦するほどには、サッカー観戦自体に興味を持ってはいないことがわかる。あと何試合かは、録画で観たくらいかな。

 これらを元に寸評していこう。

 以下、参加国について述べる。

 日本。オーストラリア戦の残り10分、クロアチア戦の川口と柳沢、ブラジル戦の玉田。このあたりでTVに向かって小さく吼えた自分を思いだすと、今でも興奮が蘇ってくる。アジアカップの川口以来の、心地よい興奮だ。

 結果は無残というべきか、身の丈どおりというべきか、どちらとも判断しがたい。けど、本気で2002年以上の結果を夢見ていた私としては、「残念」という方向に感情を傾けざるを得ないなぁ。日本なんざこんなもんだ、と冷徹に分析するのは玄人諸君にお任せして、私は目一杯悔しがることにしたよ。ミーハーファンはそれでよかろう。そして代表には、この屈辱と感動を、是非2010年に繋いでいって頂きたいものだ。目指せ・・・あー・・・出場?

 イングランド。日本を除く全出場国中、唯一の「いったことがある国」。贔屓目に応援。

 アルゼンチン。一番格好いい試合っぷりだった。漫画の主人公チームにするならここだな。

 ドイツ。ソーセージがうまそうだった。

 アメリカ。国歌がいい。

 フランス。国歌がいい、その2。

 ブラジル。ピークをそこで迎えるな。

 オーストラリア。監督が大変腹立たしい。いや、逆恨みなんだけども。

 オランダ。3-4-3が観たい。

 韓国。サイバーテロ。

 アフリカ勢、南米勢。すいません、あまり区別ついてないです。

 以下、選手について述べる。

 中田。はぁ。

 中村。輝かず。

 稲本。いけるやん。

 小野。バーモント育ち。

 川口。一回くらいWCで勝たせたい。

 玉田。一人で満足げ・・・。

 柳沢。そして伝説へ。

 ベッカム。ちゃんと決めるとこはスターだ。

 オーウェン。前線の顔面偏差値をあげてたのに・・・。

 メッシ。恐るべし。

 マラドーナ。はははは。

 カーン。カッコいい。

 シュバインシュタイガー。名前がカッコいい。

 ロナウジーニョ。輝かないとこが中村とかぶる。

 ロビーニョ。虎バターでホットケーキ食いそう。

 ヒディンク。ガッツポーズうぜえ!

 ジダン。悪いけども最後に笑った。

 デルピエロ。髪型失敗だろー。

 トッティ。指、汚くみえちゃう。

 フェルナンド・トーレス。変!身!

 シェフチェンコ。エスエスエスエスエスカップ。

 ネドベド。指輪物語にいてもおかしくない。

 ふざけすぎ? すいません。でも、結構何度か感動はしたんですよ、ホント、ホント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。