日記: 5月9日 (2007年)

 バイク屋から連絡がきた。

 「メーカー在庫1って言ったけど、実はゼロでした。納車は1ヶ月後かそれ以上になります、うへうへ」

 うへうへ、じゃねえよ。うへうへって言ってなかったけど。しかし正直、「在庫1」と聞いてあわてて契約した節がなきにしもあらずなだけに、契約後の「在庫実はゼロ」は少し信用面に疑問符を打たざるを得ないなぁ。メーカー側の連絡不備による情報ミスだとは言っていたけど、どこまで本当やら。まぁでも在庫1は商売の常套句で、実はいっぱいあるのに1と言っておく、ってのは良くありがちだとは、わかっていたんだけどね。しかし、在庫いっぱいではなくゼロとはなぁ。甘かったか。

 とりあえず連絡と同時に、入金や下取り車両の受け渡し等の手続きを凍結して、納車のめどがたったらまた連絡をもらって、手続きを再開するように言っておいた。まぁさほど急いではいないから、梅雨明けまでに手に入ればいいんだけど、半年後とかだといやだぞー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。