10th Aniv.: Ever Quest

 10周年記念企画第5弾は、Ever Questだ。最初のリストアップは、順番を間違えていた。時系列に沿っていこう。

 ・・・あれ? CFSが先か? まあいいや。

 こいつについて、私においては正直言って、そうやすやすと統括して語る術を持たない。ありとあらゆるゲームの中で、良くも悪くも、私の人生に最も影響を与えたゲームであり、多くの出会いや経験を与えてくれたゲームだからだ。語りだせばきりがないし、私の中で占めるスケールが大きすぎて、何を語っても、何か違うような気がしてしまうに違いない。

 なので、ドライに概略だけに触れて済まそうかと思う。

 Ever Quest(EQ)は、多くの人がご存知のように、「(事実上)1人称視点のMMORPGの祖」だ。発売は1999年3月16日。私がプレイを始めたのは、同19日だ。Ultima Onlineの徹を踏まず、EQに関していえば、極めて迅速にクライアントを入手することができた。経験は大事だ。

 EQには、UOで個人的に失望していた「他人との協力の必要性」や「キャラクターの特徴づけ」と言った要素が含まれていることや、またMeridian 59をやっていた経験から、1人称視点のMMORPGに対する思い入れもあったため、かなり早期から期待をして熱を上げ、発売前から情報サイトなどを立ち上げ、熱心に発売日を待っていた。なぜかそれが多くの人の目に触れるようになり、その後の私のオンラインゲーム人生に大きな影響を与えることになるのだけど、まぁそれは別の話である。

 ちなみに多くの人が私に対して抱いている誤解の1つに、「Nezはβテスターだった」というのがあった。当時からサイトやBBSで、そうではないことは言っていたんだけど、発売前からサイトを運営していたせいか、はたまた発売後の成長スピードが速かったせいか、頻繁にβテスターであるというような誤解を受けていた。別にだから損をしたとかではないけどね。とりあえず、ここで改めて否定しておこう。

 さて、発売後の私のEQ活動は、概ねNorrath Walkerの日記どおりである。かなりの廃人っぷりだけど、そこはつっこみますまい。

 しかし、EQプレイヤーとしてのイメージが強い(?)私なんだけど、実はEQを熱心にプレイしていたのは、1999年3月~9月くらいだけなんだよね。たった・・・とはいえないけど、それでもたった半年。その後もダラダラと2ndを育てたりはしていたものの、Lv50で目標を見失ったというのもあるし、人間関係のゴタゴタに倦んだのもあって、2000年頭あたりにはもう完全に、AoKなど他のゲームがメインのようなゲーム活動になっていたように思う。

 そして決定的にEQを引退したのは、最初のエクスパンション、Ruins of Kunarkの発売直後だ。ただでさえLv50超の展開についていけなくなっていたところで、レベルキャップの上昇、及び、更なるパワーゲーム化に、まるっきりついていけなくなってしまったのだ。というか、正直なところ、かったるくなってしまった。成長曲線がなだらかになるとダメなんだよなー。

 というわけで、私のEQ歴は、2000年前半には幕を閉じた。短いわりに、私に与えた影響は果てしなく大きいんだけど、とにかくも、プレイ期間はそれほど長くはなかったのであった。

 ・・・と思ったら、なぜか2003年にもなって日本語版(EQJE)が発売されて、実はみんなは知らないだろうけど(ええ、知らないでしょう)、私はEQJEもプレイしていたのでした。そして、EQJEでは英語版で手が届かなかった、Lv60くらいの世界を送ればせながら見ることができたりもしたんだけど・・・ま、それもまた別の話だ。

 とにかく、英語版EQを短期間にプレイし倒したため、少しMMORPGが食傷気味になった私。この後はしばらく、WebチャットやIRCのチャット仲間たちと、TCP/IP接続による対戦ゲームなどを、ちまちまとやりまくる日々を送ることになったのでした。

 それによって、また新しいジャンルが開拓できたりもしたんだけど、それはまた次の話だ。

10th Aniv.: Ever Quest」への8件のフィードバック

  1. レーナ

    なにやら別の話が多いです。(笑)

    英語版のEQプレイしてたのは知ってたけど、そんな早くからやってたんだー。
    日本語版の時まで期間あったと思うんだけど、操作とか覚えてた~?
    私なんて、「もう」Mob名もろくに思い出せなくなってしまって・・・。orz

    返信
  2. Nez/蝿

    へびさん:
    どうかなあ!?

    レーナさん:
    そんな早くからやっていたのですよ。
    操作は、日本語版までの間に、AOとかDAoCとか
    同じようなキー配置のゲームをやってたから
    全然OKだったなー。
    むしろUIが変わっていたのが、便利なような
    懐かしさが味わえなかったというか、微妙。

    でもEQJEは楽しかったなー。
    人間関係が良好すぎて居心地よかった。

    返信
  3. v

    はえさんとファーストインプレッションなEQ。
    最初、NWは知っていたけどハエさんとは気が付かなかったりオィ(´ω`*)

    何もかも新鮮でしたのねーEQ。
    スタートラインが複数な為にUOの知り合い(Gさん他)と出合ったのはlv20前後のHIgh-passだったり、そこからNajenaやmistmoonに転戦、そしてCazic~Guk~solBの黄金ライン。何もかも懐かしい。

    結局Veliousまでやって月には行かずEQの冒険は終了しました。次にハエさんと会ったのはDAoCだったかなー

    人間関係は触れません(´・ω・`)

    返信
  4. Nez/蝿

    それをいうならきっとファーストコンタクト。

    正直EQでのvさんはまるで覚えてなかったり。
    DAoCのhibフロンティアのゲートそば砦で、
    Midキャラでキャンプしてたのが最古の思い出かな。
    MLFに遊びにいったんだよなー、確か。

    返信
  5. v

    EQでは余り会って居ませんねー某D氏とGさん経由の知り合いですしー

    MLFのEmainゲートそばの城横で遊びましたねー
    あの時居た二人はどこにいるやら。

    返信
  6. Nez/蝿

    誰がいたのか覚えてませんとも。
    ぼーるの人と元ジャマイカンの人だっけ?

    very曖昧。

    返信
  7. 私も実はあいまいですが、ぼーる・じょな・diren・ジャマイカ紳士さん、この辺かと。
    あれ、4人だ(ぉぃ

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。