LiF: 農業体験

 農業をしてみた。

 といっても、農業を本気でやるつもりはさらさらない。ただ、このゲームのシステムで用意されている様々なことは、なんでもひととおり体験しておきたい。そんな単純な好奇心の一環として、試しにやってみた次第だ。

 その程度の動機なので、ギルド領域内や隣接した耕作地を使うわけにもいかない。貴重な耕作予定地を占めるのは気が引けたし、なによりも、まかり間違って農業労働力にカウントされてしまったら、大変まずいことになりそうだ。

 だから無人の荒野をこっそり切り開いて、そこに自分の農地を開墾していくことにした。墾田永年私財法の精神だ。

 場所は自陣と友好ギルドとのちょうど中間地点当たり。森林が途切れて、特に使い道もなさそうな平野が広がる手前あたりを選定した。

 そこにPersonal Claimを打ち立てて、いざ耕作開始だ。

 ・・・の前に、まずは種を得ないといけない。なので、さかのぼること1日前より、せっせと種集めを敢行しておいた。Farmingスキルも上がって一石二鳥だ。

 同じところから搾取し続けたせいか、しょーもないクオリティの種しか集まらなかったけど、体験したいだけなのでクオリティはどうでもいいだろう。これで種は用意できた。

 そして今度こそ耕作開始だ。

 まずClaimのサイズを少し広げておくことにした。Claim直後の3×3の9マスから、4×10の40マスに一気に拡張だ。

 維持費と趣味のために工面できそうなお金とを勘案して、このサイズにした。9マスでは小さすぎるし、かといって大規模に農業を行って大きな収穫得たい、というわけでもないから、このくらいでいいだろう。縦長にしたのは、もともとの地形の高低差の都合だ。

 そして整地を開始する。

 でこぼこでも種は蒔けるのかもしれないけど、ここはスタイルにこだわりたい。たかだか40マスなのでそんな苦労はないことだし、一律同一面になるように整えた。

 で、いよいよ種を蒔こうとしたんだけど、あれ、蒔けるタイルと蒔けないタイルがあるぞ。

 ここで思い出した。そういえば農業班は土がどうのこうの言っていたな。

 あらためて表面がFertile Soilになるように整地をし直すと・・・おお、種が蒔けたぞ。

 前日までにとっておいた種の中から、FlaxとWheatをテキトーに蒔いて、とりあえず初めての農業は完了した。

 あとは時と雨とを待つばかり。種も土も低クオリティだから出来映えには期待できないものの、それでも収穫の時には満足感が得られるに違いない。楽しみだ。

LiF: 農業体験」への2件のフィードバック

  1. dolcely

    ^^
    自然教へようこそ^^我々はあなたを大歓迎します^^
    まずは収穫祭ではどうぞよろしくお願いいたします^^

    ちなみに、収穫物のqは土とスキルによるので、種のqはきにしなくても問題ないです!
    収穫楽しいですよー種植え楽しいですよー

    返信
    1. Nez/蝿 投稿作成者

      収穫祭で出る料理をいただく係に就任させていただき誠にありがとうございます。
      なお、弊社では種まき、ならびに収穫業務につきましては、たいへん残念ながら業務規模縮小のため受託致しかねる状況になりましたことをご連絡申し上げます。今後はグループ企業のMくま農産、Dちぇり食品へご依頼いただきたく存じます。

      ってことでね。そうか、種のQはどうでもよかったかー。
      じゃあ土地や作物は捨てても、種は取っておいたほうがよかったのだな。なるほど。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。