MW5M: 山賊退治

 【ここまでの傭兵部隊】

 自機: Javelin JVN-10N
 所有メック: 軽量級1、中量級1
 メック戦士: 1

 【あらすじ】

 父の友人にして主要雇用主だった人物、Spearsから助け舟のメッセージが届いた。彼の指示に従えば、襲撃者の封鎖をかいくぐり、この星系を脱出できるようだ。

 彼の大まかな作戦は、この星系の最果てにある氷の惑星に潜み、そこにある鉱山の採掘会社の信頼を勝ち取り、資源を得て襲撃で受けた部隊の被害の修復を図るとともに、彼らの輸送隊としてこの星系を脱出する、というものだ。

 彼らが受けている山賊からの被害を食い止め、山賊を退治するのだ。

 ってことで、本格的なミッションが始まった。

 といっても、まだ部隊の規模はメック1機で、敵も戦車やヘリコプターというもの。・・・なんだけど、このシリーズの戦車やヘリは、数が多くて、的が小さくて、結構厄介なんだよな。

 そして本シリーズ、いきなり難易度が結構高め。敵のエイムが良くて、ガッツンガッツン被弾する。普通に毎ミッション腕がもげたりする。修理費と時間がかさむ。序盤からこれとは、この先が思いやられるな。

 操作や戦闘関係の現段階での所感としては、MW5Mのアクション部分は、ほぼMWOと同じだと思われる。そしてメック管理や時間管理なんかはBattletechとほぼ同じ。ここ数年の開発元のノウハウを融合させたというか、うまくリソースを再配分したというか、そういうゲームだ。

 だからMWOの現役勢なんかは、最初からかなりうまいこと操作できるんじゃないかな。私はMWOの操作感なんてこれっぽっちも覚えていないので、新兵の気分で遊んでいる。なので結構まだ操作がぎこちないけど、プレイヤーキャラクターとともに成長していこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。