TD2: テクニシャンポイント稼ぎおしまい

 テクニシャンのポイント稼ぎが終わった。

 ポイントの稼ぎ方に関する仕様を完全に忘れていたけど、実際に遊んでみたら仕様をだいぶ把握しなおせた。今後もしスペシャリゼーションが追加されれば、またポイント稼ぎをすることになるはずなので、その時のためにもメモっておこう。

 ウィークリーの侵略ミッションで+5pt×5か所。デイリーのハードミッションで+1pt。デイリーのチャレンジミッションで+3pt。ウィークリーの賞金首で+3pt×7。フィールドマスターキャッシュで+3pt・・・ってのが主なトコロだった。

 この仕様の中で、ウィークリーの更新日基準で足掛け2週間ほどで、ポイント稼ぎをこなしきった。まぁ結構サクサクといけた部類じゃないかな。

 2週間の稼ぎの内訳をざっくりと考えてみると、まず侵略を10カ所で50pt。デイリーチャレンジを10回で30pt。賞金首を8回くらいこなして24pt。全部で104pt。165ptまでは61ptたりないから、おそらくこの間にレベルアップが20回ほどあってフィールドマスターキャッシュを取得。っていうところだろう。なるほどね。

 さてそんなテクニシャン生活の感想はというと。

 テクニシャン面白い&強いな、だ。

 特にスキルを使うには、あまりにも有用なスペシャリゼーションだった。

 スキルパワーをがっつり上げるパッシブがあるので、スキルパワーが4000オーバーとかいう、不必要なほど高い値にすら簡単になれてしまう。だから、どのスキルを使うにも、強いModを搭載出来て、スキルマンの楽しみがいろいろと理解できた。

 スキルの仕様はあと1、2か月後にはガラッと変わってしまうようだから、その時にこのスペシャリゼーションの価値がどうなるかはわからないけど、現時点ではスキルを使いやすくするパッシブは、幅広い局面で使い勝手が良さそうだ。

 しかし、そんな良いところがある一方で、特殊武器のロケランは残念なくらい弱かった。

 ターゲットを複数ロックオンして、すべての対象に同時にホーミングミサイルを放てるような武器なんだけど、劣化追尾マインって感じが否めなかった。

 劣化、と言うと、まぁ語弊はあって、威力は圧倒的に高いし、追尾性能も高い。それはいい。

 ただ1つの追尾対象ごとに1つの弾丸を消費するシステムで、かつ、6発程度までしか弾薬を持てないので、AoE運用をすればあっという間に弾切れで連射が効かない。かといって単体相手にするには、ロックオンの手続きが冗長で、高い瞬間DPSが出しにくい。この両方を解決できるグレポンの使い勝手には、到底及んでいないと感じた。

 また追尾先の選定も、追尾マインは自動的に発見してくれるのに、ロケランは自分で体を射線に晒しながらロックオンしないといけないので、使い勝手が悪い。同じくロックオンが必要なファイアフライですら、隠れながらロックオンできるというのに、だ。全体的に中途半端な実装になっている印象の強い武器と言わざるを得ない。

 ということでテクニシャンの印象は、「パッシブスキルの構成はかなりいいけど、特殊武器はいまいち」ってな感じかな。とはいえ、特殊武器はダメなスペシャリゼーションも多いから、相対的に言えば優秀なスペシャリゼーションなんじゃないかと思うよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。