TD2: ハクスラをしてみる

 再開したDivision 2でもっと能動的にハクスラを楽しめないか。

 というテーマで考えてみることにした。

 幸いなことに、TU6になってからというもの、「目標アイテム」というシステムのおかげで、欲しいアイテムを狙ってのハクスラがしやすくなっている。意中の「欲しいアイテム」さえあれば、漫然と狩るしかなかった今までよりも、狙う行為に手ごたえを感じながら楽しめるというわけだ。

 またタレント効果が重複しなくなったことや、全ブランドが全部位ぶん用意されたことも、ビルドを考える上でのややこしさが減って、ハクスラ向きになっている。

 この状況を活かして遊べるか試したい。

 【ゴール設定】

 まずは、私の「欲しいアイテム」はなんなんだろう、ということを考えなければならない。目指すべきゴールを考えないと走り出せないのだ。

 で、無理矢理ひねり出した今回ゴールは「SMGを使ったバーサク&クラッチのビルド」ということにした。定番のバサクラというやつだけど、武器がSMGというのが時代に乗っていない感じがある。が、それがいいのだ。

 なお、当然ながら、最適解を得たいなら、ビルドサイトや動画を見るのが手っ取り早い。だけど、ここはひとつ、あえて自分で考え、それを集めるという楽しみを実践してみようと思う。

 【但し書き】

 今回は、TU6で追加されたユニークアイテムは考慮しないことにする。ユニークでかつ数値のいいものを狙うのは大変そうだし、必要なユニークアイテムはDZ限定のようだからだ。

 高すぎるハードルは、ただでさえそう高いわけではないモチベーションをくじく。理想はカジュアルに。あくまでもエンジョイ勢で。

 【ブランド】

 さて、それではまず、設定したゴールを達成するための、揃えるべきブランドを考えてみよう。

 必ずしもブランドにこだわる必要はないのかもしれないけど、効果の大小はともかくとして、ブランドがピシーっと揃うというのは満足感が高い。競争相手がいるわけでもなし、ここは自己満足を優先して、ぜひ揃えたい。

 ってことでテキトーにTD2のWikiでブランド一覧の効果を眺めること10分。さくっと、ムラカミ1(HP増加)、ソコロフ2(SMGダメ、クリ率増加)、D&H3(命中率、クリ率、クリダメ増加)という組み合わせにしてみることに決定した。

 これがベストかどうかは知らないけど、少なくとも無駄なステータスはそんなになさそうだから、あきれるほど弱いということもないだろう。

 【調査】

 ということで、これらのブランドの各パーツのスペックを調べてみた。属性値の個数(att)、タレントの有無(tale)、Modスロットの色と個数(red,blue,yel)が以下の通りだ。

 Murakami

  • Mask: 2att 1tale 0red
  • Back: 3att 2tale 0red 1yel
  • Body: 3att 1tale 0red 1blue 1yel
  • Glov: 2att 1tale 0red
  • Hols: 2att 0tale 0red 1yel
  • Knee: 1att 1tale 0red

 D&H

  • Mask: 2att 1tale 0red
  • Back: 3att 2tale 1red
  • Body: 3att 1tale 1red 1blue
  • Glov: 2att 1tale 0red
  • Hols: 2att 0tale 1red
  • Knee: 1att 1tale 1red

Sokolov

  • Mask: 3att 0tale 0red
  • Back: 4att 2tale 0red
  • Body: 4att 1tale 1red
  • Glov: 3att 1tale 0red
  • Hols: 3att 1tale 0red
  • Knee: 2att 1tale 0red

 なるほど・・・。

 【考察】

 バサクラビルドで必要なものは、高いダメージ、クリティカル率、そしてHPだ。そしてタレントの発動条件を満たすために、青属性は4つまでと制限される。

 4つの青属性でHPをできるだけ伸ばすためには、その4つは必ず限界値のより高い属性値である必要がある。逆に言えば、青いModスロットは必要ない。黄色のModスロットも同じく無駄だ。

 そして赤属性のModスロットは、武器ダメージを伸ばすのにつかいやすいから、こちらはできるだけ多いほうがいい気がする。

 そういう観点で各ブランドを眺めると、まず赤以外のModスロットがついてきてしまうMurakamiのバックパック、胴、ホルスターは、今回のビルドでは使えないことがわかる。無駄が多すぎる。

 そして、赤属性のModスロットだけが付いているのは、D&Hバックパック、D&Hホルスター、D&Hニーパッド、ソコロフ胴、の4つだ。これらは必ず含めるとしよう。

 そうすると、おのずと各部位のブランドが決まってくる。上記を満たす組み合わせは、たったの2パターンのみだ。

  • Mask: Murakami(Sokolov)
  • Back: D&H
  • Body: Sokolov
  • Glov: Sokolov(Murakami)
  • Hols: D&H
  • Knee: D&H

 わかりやすいな。

 よし、しばらくはこんなものを狙いつつ遊んでみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。