日記: 12月6日(2012年)

 ちょっと早いけど、2012年蝿公国的オンラインゲーム大賞の季節がやってまいりました。何の権威もないけど、年末年始の恒例なのでいくぞ。

 【エントリータイトル】

 ・Star Wars: The Old Republic(MMORPG:PC)
 ・アーマードコアV(アクション:Xbox360)
 ・スーパーストリートファイターIV AE(対戦格闘:PC)
 ・Diablo 3(オンラインRPG:PC)
 ・ファンタシースターオンライン2(オンラインRPG:PC)
 ・The Secret World(MMORPG:PC)
 ・Guild Wars 2(MMORPG:PC)
 ・MechWarrior Online(アクション:PC)

 選外のオフラインものとして

 ・The Elder Scroll V: Skyrim(RPG:PC)

 【選出】

 敢えて序列をつけるなら、
 
 ・1st: SWTOR
 ・2nd: MWO
 ・3rd: GW2

 かなー。難しいとこだけども。

 【受賞作について】

 まずSWTORについて。

 振り返ってみて、今年一番ゲームにはまれていたのは、SWTORをプレイしていた時だったような気がする。今年のMMORPGを並べると、SWTORと比較するのはやはりGW2ということになるわけで、そうしてみるとオープンワールドPvPの出来でいうとGW2のほうがかなり上だし、その他もGW2のほうが便利なものも多く、軽快、そしてなによりも日本人のプレイヤー数も桁が違う。だから世間的にはGW2なのだろうけども、でも私自身がどっちを愛しているかというと、SWTORっていう気がするんだよなぁ。

 ゲーム的には、ごくごく普通のクエスト主導型MMORPG+インスタンス型スポーツPvPというもので、ムービー演出が強烈な点を除けば、特筆すべきことは少なかった。ただあまり評価されていないけど、このゲームのキャラクターの挙動はとてもよかった。そのおかげで単なるスポーツPvPも、思いのほか楽しめた。特にリープやプル、ノックバックのようなキャラクターの移動処理は、今までのどのMMORPGよりも秀逸で、ゲームへの没入感を高めてくれたと思う。

 またなによりもコミュニティに溶け込めている感がよかった。ロビー的な役割を担う宇宙船内で、それなりに「認められた」ギルドとして活躍することができた。ギルドのPremadeでWarzoneにはいれば、敵になれば「勘弁してくれよ」、味方になれば「やるやないけ」というような反応がかえってきた。外国人の面々にも顔見知り的な人も多くできて、宇宙船内に1つの共同体ができたような気分を味わうことができた。こういうメインコミュニティへの浸透が自然にできたのは、EQ以来かもしれない。

 残念なのは、この居心地のいい環境が、公式オセアニックサーバーの登場で瓦解してしまったことだ。アメリカ本土のサーバーに、非公式アジア太平洋サーバーを標榜して集結していた、この共同体のメンバーは、これによって複数のサーバーに分散してしまった。これがなければ、SWTORはもう少し長く濃く楽しめた気がしてならない。

 次、MWO。

 これはもう思い入れ補正です。1位にしたかったくらいだけど、あまりにも客観性を欠くだろうと思って、ぐっとこらえた。今はまだオープンβ中で未完成だしね。「メックシリーズで充実したオンラインゲーム環境を!」というのは、それこそ前世紀から望んでいたものだから、リリースされただけでも感激。

 で、ロボットシミュレーションゲームとして、出来もかなりいいと思うんだよね。他のゲームにはない操作感/方程式だから、新規参入障壁はかなり高いと思うけど、もう少しプレイヤーが増えて欲しいな、とも思う。あまりゲーム内容に深みはないけど、気楽にロボットで装甲の削りあいができて楽しいよ。

 コミュニケーション部分が致命的に足りないのが現在の弱点。早く是正したほうがいいと思うけど、こういう部分をないがしろにするのは、最近の欧米MMORPGの傾向なんだよな。現地人同士なら、フォーラムやSNSで済んでしまっているのかもしれない。

 次、GW2。

 並べたものの中では、「一番世間の評価が高い」ゲームだ。圧倒的に高い。でも個人的には、ゲーム自体の評価はそこそこ、ってところかな。好き嫌いでいえば、TSWのほうが好きまである。

 コンセプトがはっきりしているのがとてもよくて、最初に打ち立てたであろうコンセプトが全くぶれてなく、そこに向かって特化して作られているのが気持ちいい。オープンワールドPvPを行う、という観点からすると、ここ数年来で有数の出来のよさだと思う。至上最高かもしれない。

 なのに個人的な評価がそこそこなのは、単純にそのコンセプトが好みにぴったり合致はしていないからだろう。世間ではもちろんそこが評価されていると知りつつも、「スペック差のないPvP」「スペック向上に寄与しないPvP」「容易なリスペック」「容易なAlt育成」というのはちょっと頑張りにくかったりする。MMORPGをやっている時のマインドは、どうしても数値上げや個性主張が第一になってしまって、それが欠けていることは最後までどこか物足りなさになってしまった。

 そんなわけなので、本来だったら多分1ヶ月ちょっとで飽きてしまっていたと思う。その寿命が延びているのは、ひとえにいいギルドに入れてもらえたからだ。MMORPGにおける成長のない対戦というのは、すぐに単調になってしまって、速やかに飽きてしまう私なんだけども、ギルドのおかげで単調さがかなり遠ざかった。永遠に飽きない、ってのは無理だけど、思いきって飛び込んでよかったよかった。

 【寸評】

 受賞作以外について。

 ACV。期待はずれだった。操作に慣れる前に飽きがきてしまった。fAのほうが飽きるまでが長かったかな。

 SSF4AE2012。2012リリースからしばらく楽しめた。足掛け3年の安定の対戦ツール。「対等な対戦」をしたいならMMORPGじゃなくてこっちでいいや、っていう。「観るゲーム」としてはいまだにベスト。

 Diablo 3。期待通りだった。もともとさほど期待してなくて、やっぱり思ったくらいの出来栄え。1ヶ月ゲーム。

 PSO2。キャラとかセリフがきつい。ステージもなんか薄い。コア部分の方向性は嫌いじゃないんだけど。

 TSW。2012年「惜しい!」賞。コンセプトも世界観もいい。そこで力尽きて、エンドコンテンツ設計がないのが致命的だった。本当に惜しい。

 Skyrim。オンラインゲームじゃないけど。今年やっとメインシナリオをクリアしたので記念に記録。

 【総評】

 今年は近年まれにみる豊作だった。MMORPGだけでも、SWTOR、TSW、GW2。それに超大作としてのDiablo 3や、和製MORPGの本命PSO2、個人的キラータイトルのMWOなど、新作のニュースに事欠かない1年。

 やめたり、頻度が落ちたゲームも、例年だったらもう1ヶ月は引き伸ばして遊んでいた可能性が高い。次のゲームがリリースされたり、時期がかぶっているゲームがあったりしたせいで、プレイ頻度を落とさざるを得なかったゲーム、プレイをやめたゲーム、プレイしなかったゲームがいくつもある(プレイしたかったけどしなかった/しないで終わりそうなゲームの代表は、Borderland 2とかPlanetside 2かな)。オンラインゲーマーとしてはうれしい限りだ。

 2013年はどんなゲームがくるのだろう。年初まではMWOが細々と継続しそうというのは規定路線として、その先だな。時期は不明だけど、TESO、新FF14、Neverwinter、というようなタイトルが頭に浮かぶ。2013年も豊作であることを願おう。

日記: 12月6日(2012年)」への2件のフィードバック

  1. 葉車

    こんにちわ。

    最近はBorderlands2をひたすらやってるんですが、やっぱはまりますよー。
    ゲームが面白いのは勿論のこと、特に今回日本語対応で、吹き替えまでしてるんですが、これがまた素晴らしい。
    台詞回しが単に翻訳なのでは無くて、日本人に合わせて台詞が変更されてたりと、思わず吹き出す事も。
    声優さんもかなり上手い人使ってて、これがまた良い。

    そろそろ値段も下がってきてますし、是非。
    COOPも結構楽しめますよ。

    返信
  2. Nez/蝿

    ほほー。
    気がついたらめぼしい知人全員がプレイ済みだったんですよね。
    一人でやる気はさらさらなかったので、機を逸してしまいました!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。