作成者別アーカイブ: Nez/蝿

日記: 4月19日(2021年)

 ここもすっかり骨折経過報告所と化した感がある。

 2週間目の通院とレントゲンを終えた。少しくらい治癒の兆候があるかと期待したが、何の変化もなかった。仮骨が形成され始めるのは早くとも3週間以降というから、期待するだけ無駄だったか。来週こそは。

 QOLは変わらないものの、片足生活に慣れたという意味ではQOLは改善している。もう片足での動きというか、リズムがわかってきたので、日々のルーチンワークに迷いがなくなった。要するにトイレへの経路とか、風呂の入り方とか、2階への上がり方とか、そういう物事がスムーズになっている。

 しかしQOLの低下している面もある。まず骨折した左足がだるい。足を延ばした姿勢が長いせいで、膝裏の筋が伸びすぎているような感覚があったり、ふくらはぎ以下の筋肉を使っていないせいですぐにそこがつりそうになったり、気だるい筋肉痛的鈍痛を覚えたりしている。足ポジを変えたり、ちょっともんでやると改善する。

 そして相変わらず足のせいで寝にくい。眠りが浅い。不自然な姿勢で座り続けているせいで、背筋もつらい。

 人生において、GOD Tier: 健康、と思い知らされる。

日記: 4月13日(2021年)

 骨折の日々。

 事故以来、左足は地に着けていない。かかとをつけるくらいならよい、と言われてはいるが、少しでも負担を減らし、回復を早めたいので、かかとすらほとんどつけないで1日を過ごしている。おかげでシーネのかかと部分は、いまだに真っ白、きれいなまま。黒王号馬上のラオウ。

 そんな生活なので、左足の筋力が一気に落ちているような気がする。まだ1週間ちょっとだから気のせいかもしれないけど、なんとなく左足が右足より細くなってきたような・・・。筋力という観点でいうと、骨折治癒後もリハビリ期間が長くなるのかな、と不安になる。

 この1週間余り、PCの前とトイレとの間の移動しかしていないので、当然全身の運動量も激減している。寝たきりに毛が生えた程度の運動量。なのに、いつも通りに食事はしている。おかげでじわじわと体重が増える。食事には気をつけなければ。

 そんな筋力低下と運動不足を解消するために、ケガの体を押して多少の筋トレをしている。あまり運動強度が高いと、全身を踏ん張ることで足にも負担がかかるので、弱めに。しかし上半身はダンベルである程度筋力を維持できるけど、下半身がどうにもならない。とりあえず座ってモモ上げをする程度。今ではリングフィットアドベンチャーすら高嶺の花子さん。

 療養中は実家暮らし。なんだけど、だんだん自宅の様子が心配になってきた。郵便受けとかどうなっちゃってるんだろうな。家の中は、延々と毎日ルンバ君ががんばっているのだろうか。それともドックに帰還しそこなって落ち武者化しているかな。様子を見に帰りたい。部屋着で今は事足りるとはいえ、実家では洋服も少ないし。

 事故ったバイクや、ミニの様子も気になる。バイクはクラッチレバーがずれていることは確認したけど、他に損傷はなかったのだろうか。事故当日はその辺を細かに確認する余裕がなかった。あれ以来、バイクカバーをかぶせてしまったバイクを見ていない。ミニも同じく乗れておらず、バッテリー上りもまだ平気とはいえ、あと数週間もすると危機感が出る。ミニのオイル交換時期も、5月のGWに設定してたんだよな。メカいじりはいつできるようになるだろうか。

日記: 4月9日(2021年)

 骨折治療メモ。

 初診から3日後に一度通院。シーネで固めたなかの足を診て、そこに異常がないかを確認。問診でも特に訴えるようなこともなく終了。先生が以前に我が家の近所に住んでいたということで、ジモティートークに花が咲いたことがメインイベント。

 初診から6日後、事故から一週間経っての通院。再レントゲン。とりあえず骨の位置がずれていないということだけは確認できた。もちろんまだつながりはじめているような兆しすらない。またまたジモティートークに花が咲いた。

 この段階で、自分でテープを巻ければ、入浴時などにはシーネを解いてもいいとのこと。少し規制緩和といったところか。でも、シーネの再装着は面倒くさそうなので、どうしようかな。

日記: 4月6日(2021年)

 事故ったツーリングの映像を細かく切り張りしてショートムービーにした。

 忌まわしき事故の記憶ではあるものの、買ったばかりのGoProを手にしてはじめての、喜び勇んで行ってきた旅の記録だから、一応簡単にまとめておいた次第。

 GoPro HERO9に期待していた手ブレ補正機能は、率直に言って期待以上だった。バイクに車載した映像がガタつかないのもすごいし、なにより歩いて手持ちしている映像が揺れずにぬるぬる動くのには驚いた。持ち手が揺れないように気を使うといったことを、あえてしなかったのにこれだ。

 映像的には、編集も撮影も技術がないのでその辺は触れないこととして、天気が良くないのがやっぱり映えないなー。こればっかりは仕方がないけど、残念だ。

 さて、この映像の後、帰り道でコケるわけだけど、はたして次にGoProを使う機会はいつになるのやら。

 今年はGoProを携えて、ここ数年乗ってなかったバイクに乗ってやろう、と密かにたくらんでいたというのに、その矢先にこれだ。やれやれ、

日記: 4月3日(2021年)

 簡単な経緯の記録。

 ツーリングに行った。

 夕刻。駐車しようとしたところ自分が思っていたよりも急な傾斜地だったらしく、ストップした瞬間に立ちごけた。

 車体と地面に左足が挟まれた。激痛。

 左足で踏ん張ることもできず、倒れた車体の引き起こしもままならぬ状態で進退窮まるが、親切なお兄さんに助けられた。足の痛みに耐えることと、どうやって家に帰るかを考えるのに必死で、ろくにお礼もできなかった気がする。今になって心残り。

 痛む足を無理やり使って走行するというごり押しプランで帰宅。ギアチェンジの度に痛みで死ぬ思い。

 夕食。風呂。就寝。

 翌朝には左足が倍に膨れていた(Fig. 1)。痛みで左足を地面につけることすらできず、歩行不可能。昨日歩けるうちに無理して帰ってきてよかった。

 朝一で整形外科へ。片足飛びでしか移動ができないので病院の駐車場から病院まですら遠い。院内では車いすをあてがわれた。

 診察結果は、足の骨3か所の骨折。第5中足骨の付け根がバラバラ。第4中足骨がポッキリ。第3中足骨にひび。さんざんなありさま(Fig. 2)。5週間ほど固定して様子見。治りが悪ければオペもあり得る。全治5か月。気が遠くなる。

 松葉杖講習を受け、松葉杖を貸与され、退院。松葉杖生活が始まった(Fig. 3)。

 痛み止めを処方された。